かくとう - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

かくとうのみ 節を編集

エビワラー / オトスパス / カイリキー / カポエラー / ザマゼンタ(歴戦の勇者) / サワムラー / タイレーツ / ダゲキ / ナゲキ / ナゲツケサル / ネギガナイト / ローブシン

ノーマル 節を編集

キテルグマ

みず 節を編集

ケルディオ

くさ 節を編集

ビリジオン

どく 節を編集

ドクロッグ

エスパー 節を編集

エルレイド

ひこう 節を編集

ルチャブル

いわ 節を編集

テラキオン

ゴースト 節を編集

マーシャドー

ドラゴン 節を編集

ジャラランガ

あく 節を編集

ゴロンダ / ズルズキン

はがね 節を編集

コバルオン / ザマゼンタ(盾の王) / ルカリオ


タイプ特性 節を編集


かくとうタイプに関係する要素 節を編集

 攻撃面では地面と並び最多となる5タイプに弱点をつくことができる。その中には弱点が1つしかないノーマルタイプや半減が多い鋼タイプも含まれている。威力100を越える大技も多く攻撃面はかなり優秀である。
ただし半減も5タイプあり、ゴーストには無効化され、1/4にするポケモンも多い。
ダイナックルの技威力が低いことも相まって、一貫性は低いため、相手を見極めて使用していく必要がある。

防御面では弱点・耐性どちらも3タイプと一見すると五分五分だが、耐性はマイナーなもの、威力が低いものが多く、いまひとつ目立たない。
一方で弱点は飛行、フェアリーどちらも環境で非常にメジャーなため、弱点を突かれやすい。
特に飛行はダイマックス技化することで起点になってしまうこともあり、常に注意が必要になっている。

人型の二足歩行のポケモンがほとんどなので三色パンチを始め、多様なサブウェポンを持つポケモンが多いのも特徴。
一貫性の低いタイプ一致技の欠点を補っている。
一方で補助技は貧弱な事が多く、攻撃技一辺倒な構成になる事が多い。
また岩タイプなどと同様に物理技に偏ったポケモンが極端に多く、特殊技は攻防どちらも苦手な事が多い。

高い攻撃性能をもつ反面、苦手な相手はとことん苦手と、相性が強く出やすいタイプ。
現環境では苦手なゴースト、フェアリー、飛行タイプが蔓延っているため、動きにくい事が多い。
一方で、その対策として使われるカビゴンバンギラスなどを筆頭とした無、悪タイプに対して明確な有利を取れるタイプでもある。
以上のことから、明確な役割を持ちやすい尖った強みを持つアタッカーが活躍しやすいのだが、実際は電気、エスパーと並びリストラの影響が大きい。
第七世代で一定以上の需要を得ていた格闘タイプはほぼリストラか採用にあたりほぼ必須扱いだったアイテムを没収という扱いを受けている。
加えて新顔はアイテム固定のザマゼンタ(盾の王)を除きすべて単色かつ既存の内定も単色偏重の為複合タイプでカバーというのも難しく人材不足が極めて深刻になっている。
その為、第八世代では人材の再発掘・再開拓を余儀なくされる事態になっていた。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • くろおび
  • こぶしのプレート
  • ファイトメモリ
  • ヨプのみ
  • ヒメリのみ
  • ネコブのみ
  • カムラのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ