かくとう - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

かくとうのみ 節を編集

エビワラー / オトスパス / カイリキー / カポエラー / ザマゼンタ(歴戦の勇者) / サワムラー / タイレーツ / ダゲキ / ナゲキ / ナゲツケサル / ネギガナイト / ローブシン

ノーマル 節を編集

キテルグマ

みず 節を編集

ケルディオ

くさ 節を編集

ビリジオン

どく 節を編集

ドクロッグ

エスパー 節を編集

エルレイド

ひこう 節を編集

ルチャブル

いわ 節を編集

テラキオン

ゴースト 節を編集

マーシャドー

ドラゴン 節を編集

ジャラランガ

あく 節を編集

ゴロンダ / ズルズキン

はがね 節を編集

コバルオン / ザマゼンタ(盾の王) / ルカリオ


タイプ特性 節を編集


かくとうタイプに関係する要素 節を編集

 攻撃面では地面と並び最多となる5タイプに弱点をつくことができる。その中には弱点が1つしかないノーマルタイプや半減が多い鋼タイプも含まれている。威力100を越える大技も多く攻撃面はかなり優秀である。ただし半減も5タイプあり、ゴーストには無効化されるため、岩、氷、悪等のサブウェポンは必須である。とはいえ人型の二足歩行のポケモンがほとんどなのでパンチ、キック等のサブウェポンは多く覚えられ、技に困ることはほとんどない。
 防御面では3タイプに耐性を持つが、マイナーなもの、威力が低いものが多く、いまひとつ目立たない。ここ最近は飛行、フェアリーが大幅に数を増やしているため、これらが弱点の格闘は厳しい面がある。
 以上のことから、高い攻撃力を惜しみ無く相手に叩き込める能力、技を持つポケモンが活躍しやすい。

…というのが第7世代時点の評価である。
第8世代では攻めではゴーストタイプの多い環境やダイナックル初撃の威力のせいで本来の火力が満足に活かせず、
守りでは追加効果が強力なダイジェットに弱いと、双方であまりにも致命的な欠陥を抱える事態となった。
ゴースト流行の影響で一定の需要を得たノーマル・悪への役割遂行もまともにできない上、頼みの綱だったインファイトが技レコードにより他タイプのポケモンに配られてしまった。
ご覧のあり様なので、現状のランクバトルにおいては基本的に選出するだけで負け筋を作りかねないポケモンが殆どである格闘(特に単色)は採用を避けることが強く推奨される。
接待プレイなどの特殊な目的がない限りサブウェポンとして他のポケモンに格闘技を組み込む程度にしておいた方がいいだろう。
ただし、この評価はあくまでランクバトル使用禁止のザマゼンタ、HOMEでの解禁待ちである三闘・ケルディオ・マーシャドーを除外した、19年12月上旬時点ものであり、再評価の可能性を否定するものではないことに留意されたし。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • くろおび
  • こぶしのプレート
  • ファイトメモリ
  • ヨプのみ
  • ヒメリのみ
  • ネコブのみ
  • カムラのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ