ひこう - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ひこうのみ 節を編集

トルネロス

ノーマル 節を編集

ウォーグル / カモネギ / ケンホロウ / ヨルノズク

ほのお 節を編集

ファイアロー / ファイヤー / ホウオウ / リザードン

みず 節を編集

ウッウ / ギャラドス / ペリッパー / マンタイン

でんき 節を編集

エモンガ / サンダー / スピンロトム / ボルトロス

こおり 節を編集

デリバード / フリーザー

かくとう 節を編集

サンダー(ガラルのすがた) / ルチャブル

どく 節を編集

クロバット

じめん 節を編集

ランドロス

エスパー 節を編集

ココロモリ / シンボラー / ネイティオ / フリーザー(ガラルのすがた) / ルギア

むし 節を編集

ストライク / テッカニン / バタフリー / ビークイン

いわ 節を編集

アーケオス / プテラ

ゴースト 節を編集

フワライド

ドラゴン 節を編集

オンバーン / カイリュー / チルタリス / ボーマンダ / レックウザ

あく 節を編集

イベルタル / バルジーナ / ファイヤー(ガラルのすがた)

はがね 節を編集

アーマーガア / エアームド / テッカグヤ

フェアリー 節を編集

トゲキッス


タイプ特性 節を編集

  • 「地面にいない」状態となり、以下の効果を受けない。
  • 以下の状態では「地面にいる」状態となり、上記の効果を受けるようになる。
  • ステルスロック」で受けるダメージが倍になる。
  • 技「はねやすめ」を使用したターン中は、ひこうタイプが失われる。
    タイプ相性が変化し、タイプ特性も失われる。
    • 複合タイプの場合はその単タイプ、純粋な単タイプの場合は「ノーマル」タイプ、もえつきるによって単タイプとなっている場合は「タイプなし」になる。
  • タイプ相性・タイプ特性によってじめんタイプの技を受けないが、技「サウザンアロー」「すなかけ」「すなあつめ」の効果は受ける。
    • 技「サウザンアロー」を受けた場合、タイプ相性によらずに等倍でダメージを受ける。
      ただし、じゅうりょく状態・うちおとす状態・ねをはる状態により地面にいた場合は、ひこうタイプを無視したタイプ相性通りダメージを受ける。

タイプ相性 節を編集


ひこうタイプに関係する要素 節を編集

攻撃面では抜群3タイプと平均的だが範囲はマイナーどころが多く(理由は後述)、しかも炎と被りがち。半減も3タイプだが、そのうち岩はマイナー、電気と鋼はメジャーである。無効化されることはない。
物理技は高威力高命中の技があるものの、反動や溜めなどのデメリットを持つ。特殊技は数自体が少なく、威力と命中のどちらかを犠牲にしなければならない。安定技が少なく、ギャラドスサンダー等有用な飛行技がないポケモンも多いため、育成の時は注意したい。
ダイマックス時に使えるダイジェットが非常に優秀な追加効果を持つことから環境で猛威を振るっている。飛行弱点のタイプの採用率が芳しくないのはこのことが大きくかかわっており、結果第8世代の飛行技はノーマル技同様弱点攻撃以外の用途で採用されている(タイプ一致での等倍火力かダイジェットのベース)。
防御面では耐性4タイプとこれも平均的。そのうち虫や草はマイナーだが、何と言っても地面技を無効にできることが大きく、採用理由に直結する。ただし弱点の3タイプはどれもメジャーなため、迂闊に地面や格闘の前に出ていくとサブウェポンで返り討ちに遭う。さらに、ドラゴン対策の氷でついでに狩られたり、ステルスロックにも弱かったりと難点が多い。進化して飛行タイプが付いた結果、弱点が増えたり4倍弱点ができてしまったりというのが初代からよくあることである。
補助技は「はねやすめ」が優秀である。耐久型に育てる時は是非採用したい。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • するどいくちばし
  • くろいてっきゅう
  • フライングメモリ
  • バコウのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ