みず - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

みずのみ 節を編集

アズマオウ / インテレオン / オクタン / カイオーガ / カメックス / カマスジョー / キングラー / ゴルダック / シャワーズ / スイクン / ナマコブシ / ニョロトノ / バスラオ / ブロスター / ホエルオー / ミロカロス / ヨワシ

ほのお 節を編集

ボルケニオン

でんき 節を編集

ウォッシュロトム / ランターン

くさ 節を編集

ルンパッパ

こおり 節を編集

ウオチルドン / トドゼルガ / パルシェン / ラプラス

かくとう 節を編集

ウーラオス(連撃の型) / ケルディオ / ニョロボン

どく 節を編集

ドククラゲ / ドヒドイデ / ハリーセン

じめん 節を編集

ガマゲロゲ / トリトドン / ナマズン / ヌオー / ラグラージ

ひこう 節を編集

ウッウ / ギャラドス / ペリッパー / マンタイン

エスパー 節を編集

スターミー / ヤドキング / ヤドラン

むし 節を編集

オニシズクモ / グソクムシャ

いわ 節を編集

アバゴーラ / オムスター / カジリガメ / カブトプス / ガメノデス / サニーゴ / ジーランス

ゴースト 節を編集

ブルンゲル

ドラゴン 節を編集

ウオノラゴン / キングドラ / パルキア

あく 節を編集

サメハダー / シザリガー

フェアリー 節を編集

アシレーヌ / カプ・レヒレ / マリルリ


タイプ特性 節を編集


タイプ相性 節を編集

  • ほのお」「じめん」「いわ」タイプの相手に効果は抜群になる。
  • みず」「くさ」「ドラゴン」タイプの相手に効果は今一つになる。
  • でんき」「くさ」タイプの技を効果抜群で受ける。
  • ほのお」「みず」「こおり」「はがね」タイプの技が効果今一つになる。
  • 以下の特性の影響を受ける。
    • げきりゅう」のポケモンがHPが最大値の1/3以下の状態で「みず」技で攻撃する時、攻撃・特功が1.5倍になる。
    • すいほう」のポケモンが「みず」技で攻撃する時、攻撃・特功が2倍になる。
    • かんそうはだ」「ちょすい」のポケモンに対して無効になる。
    • よびみず」のポケモンは技を引き寄せた上で無効にする。
  • にほんばれ」状態の時、威力が半減する。
  • あめ」状態の時、威力が1.5倍になる。
  • 持ち物が「しんぴのしずく」「うしおのおこう」「さざなみのおこう」の場合、威力が1.2倍になる。

みずタイプに関係する要素 節を編集

 攻撃面では半減が3タイプあるが、そのうち草、ドラゴンにはほとんどのポケモンが氷技を覚えるため対処しやすい。半減が多く止まりやすい鋼タイプにも等倍で技が通る。そのためアタッカーとしては比較的優秀である。命中率が低い「ハイドロポンプ」を除けば汎用的な技は威力90止まりなので火力不足を感じることもあるが、雨状態なら火力を補える。有効範囲が地面と被る上に第7世代まではハイドロポンプが他タイプに殆ど配られなかったこともあり、サブウェポンとして水技が採用される機会はそれほど多くない。
 防御面では弱点が2タイプしかない。その2タイプも複合タイプ(ラグラージキングドラ等)や特性(ちくでんランターン、そうしょくマリルリ等)で対処できることが多い。また弱点をつかれにくいことから耐久値の高いポケモン(スイクンカプ・レヒレドヒドイデ等)は簡単には倒されにくい。以上のことから防御面は非常に優秀といえるため耐久型としても活躍しやすい。ただし第6世代からフリーズドライで弱点をつかれるようになったため、草、地面、ドラゴン、飛行複合は特に注意するべきである。
 DLC「鎧の孤島」以降はゴリランダーの流行で、「冠の雪原」ではレジエレキの登場で一部の水複合タイプを除いて軒並み環境上位から姿を消すというこれまでにない逆風にさらされている。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • しんぴのしずく
  • うしおのおこう
  • さざなみおこう
  • しらたま
  • アクアカセット
  • ウォーターメモリ
  • きゅうこん
  • ひかりごけ
  • イトケのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ