アーゴヨン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

アーゴヨン 節を編集

No.804 タイプ:どく/ドラゴン
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:150.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
毒/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト?
ドラミドロ6575909712344494どくのトゲ?/どくしゅ?/てきおうりょく?
特殊速攻毒or竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト?
ゲンガー60656013075110500のろわれボディ?
ラティオス809080130110110600ふゆう?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/こおり/ドラゴン/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/ほのお/むし/かくとう/どく
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

第七世代後期で登場したウルトラビーストにして、希少などく×ドラゴン複合タイプ。
同複合でランクに参加できるのは他にドラミドロのみ。あちらは耐久に振った重火力アタッカーなので、何も考えずとも差別化される。
こちらは耐久は低いものの、元々耐性が優秀なタイプ同士の複合ということで抵抗が多く、受け出しの機会も割と存在する。
ただし、メジャーなじめんこおりが弱点なので相手の行動を予測することは必須。

タイプ上は抜群範囲の狭い複合だが、補完に優れるほのおでんきのサブウェポンを備える高速特殊アタッカー。
ビーストブースト?やわるだくみによる高い抜き性能を備え、エースとしても崩し役としても運用しやすい。
禁止級を除けば、今作に登場するフェアリーのうち、アーゴヨンより素早いのはカプ・コケコアブリボンのみ。
癖が強く無効タイプを持つドラゴン技を、ほぼ受け出しを恐れず打てる点において他のドラゴンと一線を画している。
ただしその性能は素早さに強く依存するので、自身より早い相手との打ち合いは得意でない。
想定する相手によってはこだわりスカーフを持たせておくのも手。

第八世代ではメガシンカが廃止。役割対象だったメガボーマンダは消滅したが、不意に上から叩かれる危険が減った。
一方めざめるパワーの廃止でヒードランへの有効打が消滅。自身より素早いドラゴンであるドラパルトも登場。
オンバーンも続投しており、ドラゴンに強いドラゴンという特徴は目立たなくなった。
こおり技を食らう危険も減少したので、めざめるパワーの廃止は一概に弱体化という訳ではない。

新要素であるダイマックスとの相性はなかなか。一致技はそれぞれ不安な耐久の底上げ、もう一歩足りない火力の補強。
サブウェポンもひこうほのおあくでんきゴーストと充実しており、追加効果の打ち分けがしやすい。
ダイマックスによる疑似的な耐久の上昇に加え、スカーフの縛りも(素早さ上昇も消えるが)一時的に消せる。
総じて弱点も無視できないが優秀なアタッカーとしてのポテンシャルを持つウルトラビースト。

物理型をアーゴヨン/ノートへ移行。問題点が非常に多く雑記wikiへの移動を提案します。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ビーストブースト
ウルトラビーストの固有特性。
他のポケモンを倒した時、自身のステータスの中で最も実数値の高いものが1段階上がる。
全てのステータスにビーストブーストをかけられるが、攻撃・防御・特防にかけるためにはかなり無理のある調整が必要な上意味が薄いため、種族値に沿って特攻か素早さのどちらをブーストさせるかの選択になる。
  • 素早さをブーストする場合
    最有力となる選択肢。
    アーゴヨンはその絶妙な素早さから最速運用されやすく、その場合は必然的にこの調整となる。
    こだわりスカーフ持ちにも強くなり、倒れかけのポケモンをクッションにスカーフ持ちを死に出す相手を許さない。
  • 特攻をブーストする場合
    主に特攻に補正をかける場合の選択肢。
    わるだくみを使えないこだわりスカーフ型では抜き性能を確保してくれるため心強い。
  • 特攻のブースト調整方法
    ひかえめ252振りの場合の実数値はC196・S173(最速106族相当)となり、Cがブーストする。
    Sに補正を掛けた場合でCにブーストさせたい場合はCとSが同値となるC全振り・S172振り(実数値179。最速111族相当)以下。それ以上だとSがブーストする。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%タイプ一致技。フェアリーに刺さるメインウェポン。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%同上。こちらは追加効果の確率が高い。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。撃ち逃げ向き。わるだくみと相性が悪い。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定だが火力不足気味。わるだくみ型で。
だいもんじ11085火傷10%対鋼。命中よりも威力を重視する場合に。
炎技を搭載することで鋼で止まらなくなる。ほぼ必須。
かえんほうしゃ90100火傷10%対鋼。命中を重視する場合に。
エアスラッシュ7595怯み30%フシギバナ、格闘への対策に。ひるみも狙える。
ダイジェット素材としても。
物理技タイプ威力命中効果解説
とんぼがえり70100自分交代威力はないが、こだわりスカーフを持たせる場合などに使いやすい。
変化技タイプ命中解説
わるだくみ-撃ち分け性能と火力補強を両立。きあいのタスキや味方のサポートと併せて。
どくどく必中どくタイプのため必中。
みがわり-素早さが高いため使いやすいが、技スぺースが厳しいか。
おいかぜ-死に際に後続の手助けとして。ダブルのS操作にも。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンりゅうせいぐん140(210)相手:A↓一致技。疑似物理耐久アップ。
りゅうのはどう130(195)
ダイアシッドヘドロウェーブ
ヘドロばくだん
90(135)味方:C↑一致技。ビーストブーストと合わされば爆発的な抜き性能になる。
ダイバーンだいもんじ140天候:晴はがね。主にテッカグヤへの遂行技。
ダイジェットエアスラッシュ130味方:S↑1回で大半の相手を抜き去れる。ビーストブーストと合わせてさらなる素早さの上昇も。
ダイアークあくのはどう130相手:D↓対霊超。特防削りが優秀。一応ヒードランにも等倍で通る。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252 D4
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりメガネ/ラムのみ
確定技:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/だいもんじorかえんほうしゃ
選択技:りゅうのはどう/とんぼがえり/エアスラッシュ(ダイジェット用)/みがわり/どくどく

種族値に沿った普遍的なアタッカー型。サブウェポンも選択肢は多い。
一致技を受けにくる鋼に対抗でき、ドラミドロへの優位点でもある炎技はかなり重要。

この型に限った話ではないが、毒技/竜技/炎技という構成だとヒードランで止まる。
パーティでヒードランに強く出られるポケモンを用意しておくのがベターか。

わるだくみ型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 C252or耐久調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/オボンのみ/ラムのみ/ふうせん/半減実/しろいハーブ
確定技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/わるだくみ/だいもんじorかえんほうしゃ

わるだくみを積むことで抜き性能を高め、制圧していく型。
技スペースが狭まるのとテンポロスにはなるが、撃ち分け性能を残したまま火力を補強できるのが利点。
耐性が豊富なため、ある程度耐久に振ることで後出し性能も確保できる。

しろいハーブを追加。わるだくみを積まなかったときりゅうせいぐんを連発したい場面が結構ある。
耐久が紙ではないのでタスキより発動機会は多かった。

こだわりスカーフ型 節を編集

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:スカーフ込みS調整、必要に応じてC≧S調整や耐久調整も
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/だいもんじorかえんほうしゃ
選択技:とんぼがえり/りゅうのはどう

初手から相手のスカーフ持ちをも抜き去る素早さになり、C≧S調整だと敵を倒すごとにビーストブーストで抜き性能も高まる。
特にスカーフの可能性が考えられるカプ・テテフに強気の居座りが選択できるのは確かな利点。きあいのタスキには注意。
一方、ビーストブーストとりゅうせいぐんのC↓↓は相性が悪い。ただしりゅうせいぐんで敵を倒すことでC↓↓からC↓に緩和できるという利点はある。

一致技がどちらも鋼で止まるという致命的な弱点があるため分離。
技を撃ち分けできないため、せっかく特攻ブーストしても交代を余儀なくされることが考えられる。
ビーストブーストとのシナジーは副次的なものとして捉え、基本は上から1体だけ倒して撃ち逃げする立ち回りが適している。

対アーゴヨン 節を編集

注意すべき点
高い特攻と素早さを持ったアタッカー。多くのフェアリータイプやボーマンダに強い。
耐久指数は平均よりやや下だが耐性が7つと多く、交代戦にもある程度強い。
カバルドンと組んでいる事が多く、ステルスロック&砂&あくびの展開を許すとマジックガード?ミミッキュなどを除きタスキ持ちの死に出しも安定しない。
一度すばやさにブーストがかかると実数値190以下のスカーフ持ちも対策にならなくなってしまう。
わるだくみによる火力補強やはがねタイプ対策のほのお技もあり、ビーストブーストがかかると非常に止めにくい。
対策方法
対面で有利な状況を作り先に倒す

対策可能なポケモン

マンムーマニューラ
A特化マンムーのいのちのたまこおりのつぶてで無振アーゴヨンが85.8~102.0% 1割ほどで倒せる乱数。
カバルドンが砂を起こしている場合確定で落とすことができ、最悪でも相打ちに持っていける。
マニューラはタスキを持たせればSにブーストされていても死に出しから一発耐えてつららおとしで落とせる。アーゴヨンは先制技を持たないためアーゴヨンがタスキで耐えてもこおりのつぶてで落とせる。
マニューラはねこだましでタスキも潰せるが残っているサイコフィールド等の先制技封じに注意。
カプ・テテフ@スカーフ・タスキ
こだわりスカーフを持つことで先手で倒せる。
ただし、アーゴヨン側も対策としてこだわりスカーフを持っていることもある。
ブーストされても止められる手段をパーティの構築の時点で用意する
高耐久の特殊受け
有効な対策だが、わるだくみで火力を上げられるとHD特化でも受けきれない。
特殊受けを繰り出す際は少なくともわるだくみの起点にされないように対面の時点でアーゴヨンへの何らかの有効打は持っておくこと。

対策可能なポケモン

クレセリア
ヒードラン
アーゴヨンからの有効打がない。
アーゴヨンとのタイマンに強いアタッカー
きあいのタスキに頼らず死に出しからアーゴヨンの攻撃を確実に耐えて、返しの一撃で落とせるポケモン。
事前にビーストブーストでSが上がっていても問題がなく、早期処理により積み技を許さないため、火力の低い特殊受けを漠然と出すよりは安定する。
勿論、パーティ全体にアーゴヨンへの有効打を持たせておくなど、わるだくみを詰ませるスキを与えないプレイングが前提になる。

対策可能なポケモン

ランドロス@とつげきチョッキ
A無振りでも返しのじしんで無振りアーゴヨンを確定。
ローブシン@とつげきチョッキ
返しのA特化れいとうパンチ+マッハパンチで無振りアーゴヨンを確定。
バンギラス
ギルガルド
Hに振っておけば不一致炎技程度では落ちない。
無振りアーゴヨンを返しのC特化シャドーボール+かげうちで確定で落とせる。
ミミッキュ
毒技等倍のフェアリー。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

USM8th威力命中タイプ分類PP備考
ベベノムアーゴヨンベベノムアーゴヨン
--エアカッター6095ひこう特殊25*進化時
-1-1エアカッター6095ひこう特殊25
1111りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
1111つつく35100ひこう物理35
1111なきごえ-100ノーマル変化40
1111てだすけ--ノーマル変化20
1111ようかいえき40100どく特殊30
-53-1エアスラッシュ7595ひこう特殊15
7777みだれづき1585ノーマル物理20
47471414とどめばり50100むし物理25
19192121あまえる--フェアリー変化20
13132828ベノムショック65100どく特殊10
23233535ベノムトラップ-100どく変化20
31314242わるだくみ--あく変化20
37374949どくづき80100どく物理20
--5656いえき-100どく変化10
41416363どくどく-90どく変化10
---70ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10
-58--りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10

※技思い出しでりゅうのはどうを習得しないと、ベベノムからアーゴヨンに進化しないので注意!

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技07ミサイルばり2595むし物理20
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技29あまえる-100フェアリー変化20
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技41てだすけ--ノーマル変化20
技56とんぼがえり70100むし物理20
技58ダメおし60100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技73クロスポイズン70100どく物理20
技74ベノムショック65100どく特殊10Lv
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技77たたりめ65100ゴースト特殊10
技78アクロバット55100ひこう物理15
技85バークアウト5595あく特殊15
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15
技96スマートホーン70-はがね物理10
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10Lv
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技58フリーフォール60100ひこう物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

教え技 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
スケイルショット2590ドラゴン物理20
ダブルウイング4090ひこう物理10
いびき50100ノーマル特殊15
ゴッドバード14090ひこう物理5
さわぐ90100ノーマル特殊10
ねっぷう9590ほのお特殊10
シグナルビーム75100むし特殊15
ダストシュート12080どく物理5
げきりん120100ドラゴン物理15
いえき-100どく変化10
てだすけ--ノーマル変化20Lv
おいかぜ--ひこう変化30
ほしがる60100ノーマル物理25ベベノム時のみ
でんげきは60-でんき特殊20
アイアンテール10075はがね物理15
よこどり--あく変化10
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
サイドチェンジ--エスパー変化15
じごくづき80100あく物理15
とぎすます--ノーマル変化30

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技22ヘドロばくだん90100どく特殊10
技23まきびし--じめん変化20
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技54どくびし--どく変化20
技57どくづき80100どく物理20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技60シザークロス80100むし物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技68わるだくみ--あく変化20
技73ダストシュート12080どく物理5
技78ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技83サイドチェンジ--エスパー変化15
技91ベノムトラップ-100どく変化20
技95じごくづき80100あく物理15

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明
進化条件ベベノム(りゅうのはどうを覚えさせてレベルアップ)→アーゴヨン