イシヘンジン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

イシヘンジン 節を編集

No.874 タイプ:いわ
特性:パワースポット(隣にいる味方の技の威力が1.3倍になる)
体重:520.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
重火力単岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
イシヘンジン100125135202070470パワースポット
ギガイアス85135130608025515がんじょう/すなおこし/すなのちから

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第八世代出身のいわ単タイプのポケモン。出現はソードバージョンのみ。
極端に物理へ偏った種族値が特徴的で、特に物理耐久は同タイプのギガイアスより更に一回り高い。
その一方、特殊耐久は極めて貧弱であり、なんと同条件のサイホーンをも下回る。
ランクマッチ環境下で言えば特殊耐久の脆さの代表格ともいえる
耐久無振りパルシェンやブレードフォルムのギルガルドすら余裕で下回っている始末。
一応、D補正D252振りにとつげきチョッキを持たせると特殊耐久指数は20650(H252振りカイリキーの20685と同程度)まで改善される。
シングルバトルでは実質特性なしであり、技レパートリーもギガイアスによく似通っているため差別化はやや難しい。
ギガイアスが覚えない技としては、520.0kgの体重を活かせるヒートスタンプがある。

専用特性パワースポットは、隣にいる味方の技威力を無条件で1.3倍にするという強力なもの。
対人戦においてはデンヂムシが持つバッテリーの実質的な上位互換特性であり、ダブルバトルでの活躍が予想される。
ただし、デンヂムシのように両方の耐久が安定しているわけではないため、生存力を高めるには砂を撒くなどの工夫が必要となるだろう。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

パワースポット
隣にいる味方の技威力1.3倍。専用特性であり、隠れ特性は持たない。
言わずもがなダブルバトル向けの特性であり、バッテリーと違って物理特殊を問わないため相棒の選択肢が広い。
なお、ダイマックスレイドなどで隣接していない味方にも効果が及ぶのかは、現時点では未検証。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力だが命中不安。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。ダブル向け。S70あるのでスカーフやおいかぜで怯みが狙える。
ロックブラスト25(37)*2~590-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
5発ならストーンエッジを超えるが期待値は3発。
がんせきふうじ60(90)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。
じしん100100-対鋼。補完に優れるいわタイプ定番のサブウエポン。
じだんだ75100技失敗時2倍ダブル用。味方を巻き込まない。岩技外しの保険に。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対鋼。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
ヘビーボンバー40~120100-相手の体重104.0kgまで威力120、130.0kgまで威力100が出せる。
オーロンゲGギャロップなど大きめのフェアリーにもしっかり最大威力が出る。
ヒートスタンプ40~120100-ギガイアスとの差別化に。ナットレイ相手でも威力100を出せる。
変化技タイプ命中備考
のろい-攻撃↑防御↑素早さ↓。S70あるのでややもったいない。
ロックカット-素早さ↑↑。無補正でもSに84振っておけば130族を、132振れば最速ドラパルトを抜ける。
じゅうりょく-サポート用。味方の命中率補強・地面技の一貫性向上に。
ワンダールーム-BD差が大きいので有効に働く場面もあるか。サポート用にも。
ワイドガード-ダブル用。特にだくりゅうなどに対して有効。
ふういん-ダブル向き。まもるなどとあわせて。
ステルスロック-サポート用。サイクル向け。味方の火力補強に。
ねむる-回復技。1ターンでも長く生き残るために使う。シングルではカゴのみとあわせて。

型考察 節を編集

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
優秀な物理耐久とダブルバトル専用ながら強力な特性。
体重が重い上に体重依存技も覚え、Aも高いので火力面でも厄介。
対策方法
シングルバトルでは特性無し同然。
物理には強いが特殊耐久はパルシェンどころかサイホーンをも下回り、
とつげきチョッキや砂嵐で多少は改善するもののほとんど焼け石に水。岩単故に弱点も多い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1いわおとし5090いわ物理15
1とおせんぼう--ノーマル変化5
6ロックカット--いわ変化20
12がんせきふうじ6095いわ物理15
18じゅうりょく--エスパーへんか5
24ふみつけ65100ノーマル物理20
30ステルスロック--いわ変化20
36いわなだれ7590いわ物理10
42のしかかり85100ノーマル物理15
48ワイドガード--いわ変化10
54ヘビーボンバー-100はがね物理10
60ストーンエッジ10080いわ物理5
66メガトンキック12075ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技20じばく200100ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技39からげんき70-ノーマル物理20
技44ふういん--エスパー変化10
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技49すなじごく3585じめん物理15
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技58ダメおし60100あく物理10
技71ワンダールーム--エスパー変化10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技97ぶんまわす60100あく物理20
技98じだんだ75100じめん物理10

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
のろい--ゴースト変化10
げんしのちから60100いわ特殊5

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技10じしん100100じめん物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技46てっぺき--はがね変化15
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20
技79ヘビーボンバー-100はがね物理10
技88ヒートスタンプ-100ほのお物理10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ここに技名00ノーマル物理0

※XDやPDWで特別に覚えている技を記載。なければ項目自体を削除

遺伝 節を編集

タマゴグループ鉱物
孵化歩数6682~6938歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。
  • 技行の並びは五十音順。
  • 表の形態・習得方法の別および背景色は統一的なデータとするため一律とする。
  • 覚える系統は図鑑番号順に並べ、数が多くなる場合は世代単位を目安に5~6系統ごとに改行する。
  • 同時遺伝に特に有用な系統については背景色を指定し強調してもよい。
    • 背景色例:ポケモン系統/ポケモン系統/ポケモン系統
  • サンプルページ:フシギバナ/リザードン/カメックス/ウツボット(マシン)/ダーテング(スケッチ)

共通タグ 節を編集

タグ名説明
ポケモンポケモンの個別考察ページ
第〇世代初登場の世代
タイプそのポケモンが持つタイプ
メガシンカメガシンカするポケモン
進化前最終進化系ではないポケモン
原種リージョンフォームに対して既に知られていたポケモン
リージョンフォーム原種とは異なる姿で新たに登場したポケモン
アローラのすがた第7世代にて新たな姿で登場したポケモン
タマゴグループそのポケモンが属すタマゴグループ
各特性その特性を持つポケモン
データ集対戦に関わるデータをまとめたページ
レギュレーション対戦ルールに関するページ