カイリュー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

カイリュー 節を編集

No.149 タイプ:ドラゴン/ひこう
通常特性:せいしんりょく(怯まず、威嚇の効果を受けない)※ミニリュウの時「だっぴ」
隠れ特性:マルチスケイル(HPが満タンのときに受けるダメージを半減する)※ミニリュウの時「ふしぎなうろこ」
体重  :210.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
竜/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カイリュー911349510010080600せいしんりょく/マルチスケイル
ボーマンダ951358011080100600いかく/じしんかじょう
チルタリス7570907010580490しぜんかいふく/ノーてんき
オンバーン8570809780123535おみとおし/すりぬけ/テレパシー

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/むし/かくとう
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしじめん

DLC第2弾「冠の雪原」で復活した、初代600族のドラゴン×ひこうタイプ。
高い攻撃力を活かす多彩な攻撃技と、特性マルチスケイルにより一撃では崩されづらいタフネスを併せ持つ。
特にしんそくはドラゴン全体で見ても数少ない先制技、かつ優先度が高く無条件で発動する強力な個性となる。
更にマルチスケイルと相性のよいりゅうのまい・はねやすめも持ち、特殊技での両刀型も可能と、
そのエース適性及び対面性能は非常に高いと言える。

第八世代ではついにしんそくが基本技に追加され、わざ思い出しでいつでも覚えられるようになった。
他にも物理技ではダブルウイングやスケイルショットを、特殊技もハイドロポンプを習得できるようになり、技のレパートリーが増加。
特にダブルウイングは、これまでそらをとぶ以外にまともな物理ひこう技が無く、強力な物理ドラゴン技も癖があるカイリューにとっては扱いやすい一致技となる。
ひこう技の通りの良さや一致ダイジェットを使用できるため、第七世代ほどではないがひこうタイプとしての側面が強く、ドラゴン技を採用しない構成も一定数見られる。

ダイマックスとの相性も抜群で、高威力だがデメリットも多いドラゴンタイプの技や癖の強い飛行タイプの技を安定かつ必中の技として打てるようになる。
更にマルチスケイルと合わせた耐久力は凄まじく、4倍弱点ですら余裕をもって耐えきる。
具体的には耐久無振りでも、ダイマックス込みならC特化グレイシアのふぶき(火力指数132000相当)を確定で耐えうるほど。
このため弱点保険との相性も第七世代以上に良くなり、ダイジェットによるS上昇やしんそくとも合わせてエース適性は更に上昇。
第七世代ではほとんど手も足も出なかったミミッキュも、ダイジェットでばけのかわを剥がしつつS逆転ができるようになったことで比較的余裕を持って戦えるように。
新アイテムのあつぞこブーツとの相性も良く、ステルスロックでマルチスケイルを潰されなくなった。
めざめるパワーの廃止により予想外の相手からこおり技が飛んでくる場面も激減したが、これは弱点保険の発動機会が減ったとも取れるので一長一短。

難点としては同じくこおり4倍であるガブリアスランドロスといった強豪が同時に復帰し、こおり技の需要が増している点。
また、こおりタイプの連続技であるトリプルアクセルが新登場。マルチスケイルの上から叩かれ、流石に耐え切れない対面も多い。
こおりタイプ以外で覚えるポケモンも意外と居るので、習得するポケモンはチェックしておきたいところ。

同タイプの600族であるボーマンダも第八世代でぼうふうを習得、メガシンカ廃止となったため、技範囲は非常に似通っている。
ボーマンダはいかくによって物理に対するサイクル性能が高い一方、カイリューはマルチスケイルにより一度なら物理特殊両方に対応できる。
サンダーの流行に伴い、S12以降はボーマンダよりも高い使用率を記録し、第7世代とは状況を逆転させている。



特性考察 節を編集

せいしんりょく
通常特性。怯まなくなる。ダイマックスすると元々怯み無効。
第八世代からはいかくを無効にする効果が追加された。
マルチスケイルの汎用性には及ばないが、環境に多いランドロスのいかく対策として物理型には一定数の採用もみられる(ポケモンHOMEの統計では10%前後)。
ねこだましが跋扈し、マルチスケイルを潰されやすいダブルではより採用率が高い。
マルチスケイル
隠れ特性にして準専用特性。HPが最大時に受けるダメージを半減。
カイリューの採用理由に直結する特性であり、シングルであれば基本的にこちら。
発動してる状態であれば、無振りでもC252グレイシア(特攻種族値130)のれいとうビームも乱数に抑えるほどの耐久力を得る。
これにより耐久に振る努力値を攻撃方面に割り振れる他、持ち物の自由度も高まり戦術の幅も大きく広がる。
強力な分対策もされやすく、ステルスロックやかたやぶりに弱い。新登場のトリプルアクセルも天敵。一応、ステルスロックはあつぞこブーツで対策はできるが。
また、優秀な特性全般に言えることだがポリゴン2トレースされると難攻不落の要塞になってしまう。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
げきりん120(180)100行動固定+混乱タイプ一致技。フェアリーで止まる。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。命中安定でデメリットも無いが火力不足。
ワイドブレイカー60(90)100攻撃↓100%タイプ一致技。ダメージを与えつつ相手二体の攻撃ダウン。
ダブル向けだが、シングルでもはねやすめと併せると物理相手には滅法強くなる。
スケイルショット25*2~5
(37*2~5)
90防御↓素早さ↑タイプ一致技。攻撃しつつS補強もできるがBは下がる。期待値は3発。
そらをとぶ90(135)95-タイプ一致技。ダイジェットですばやさ積みに。
相手のダイマックスのターン消費にも使える。
ダブルウイング40(60)*290-タイプ一致技。
威力が控えめかつ命中がやや不安だがタスキに強く、非ダイマックスでも扱いやすい。
しんそく80100優先度+2剣盾より基本技に追加。
カイリューの強力な個性であり抜き性能は上がるが、げきりんと悪相性。
じしん100100-鋼対策。特に対ヒードラン。無振りカプ・コケコは性格補正をかければ確1。
いわなだれ7590相手全体怯み30%ダブルやまひるみ用。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%サポート用。
ばかぢから120100攻撃・防御1ダウンバンギラス
ダイマックス技にすると威力は落ちるが積み技感覚で使える。
ほのおのパンチ75100火傷10%対4倍鋼。エアームドに対しては火力不足。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドスマリルリに。
アイアンテール10075防御↓30%氷、岩、フェアリーに通るが、命中不安で範囲が狭いので優先度は低め。
アイアンヘッド80100怯み30%命中安定のはがね技。
ダイジェットですばやさを上げれば怯み狙いで強引な突破も。ミミッキュを意識するなら。
アクアテール9090-主に炎、岩、地面タイプ用。ランドロスにも有効。
ダイビング80100溜め技ダイマックス枯らし。
特殊技タイプ

威力

命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓行動制限のない高威力のドラゴン技。連発には向かない。
りゅうのはどう85(127)100-メインウェポンにするには火力不足。
ぼうふう110(165)70混乱30%命中不安定だが混乱付きで通りがよい一致飛行技。雨で必中。特殊メインの場合に。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%一致飛行技。威力は低めだがダイジェットですばやさを上げれば怯み狙いで強引な突破も。
だいもんじ11085火傷10%対鋼。物理型における対エアームドなどへの役割破壊。
かみなり11070麻痺30%雨で必中。雨パ前提や対ギャラドス、エアームドへの役割破壊。
C特化ならH252カプ・レヒレが確2。
ハイドロポンプ11080-高火力の水技。命中不安。ダイストリームの始動用にも。
なみのり90100全体攻撃ダブル用。
れいとうビーム90100凍り10%2倍弱点<等倍りゅうせいぐんだが、範囲が広く連発できる。
C172振りでH252ランドロスを確1。
ふぶき11080凍り10%ダイアイス前提なら。
変化技タイプ命中備考
りゅうのまい-微妙な速度を補い、火力補強もできる。素早さが上のドラゴンも抜けるがこだわりスカーフ持ちに注意。
最速ならドラパルトも抜ける。
でんじは90地面・電気タイプに無効。特性でも無効化するポケモン多数。
はねやすめ-耐久向け。氷技で受けるダメージが4倍から2倍に減少する。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンりゅうせいぐん
げきりん
ドラゴンダイブ
140(210)相手:A↓一致技。先制で使えば疑似物理耐久アップ。
りゅうせいぐんの反動やげきりんの行動不能を嫌う場合に。
ドラゴンクロー
スケイルショット
りゅうのはどう
130(195)
ワイドブレイカー110(165)
ダイジェットぼうふう140(210)味方:S↑一致技。高い一貫性を持ち、微妙なすばやさを補える。
最速ならドラパルトを、準速でもマニューラを抜ける。
ダブルウイング
そらをとぶ
エアスラッシュ
130(195)
ダイバーンだいもんじ140天候:晴れ対鋼。2発目は威力1.5倍。
ほのおのパンチ130
ダイサンダーかみなり140場:EF対飛行。ギャラドスカプ・レヒレなどに。
カイリュー自身はフィールドの恩恵は得られないが、相手のフィールドの除去用途にも。
かみなりパンチ130
ダイストリームハイドロポンプ140天候:雨対炎・岩・地面。2発目は威力1.5倍。
雨下ならぼうふうやかみなりが必中。
アクアテール
ダイビング
130
ダイアイスふぶき140天候:霰範囲は広めだが、あられでマルチスケイルが潰れるのが難点。
れいとうビーム130
ダイスチルアイアンテール
アイアンヘッド
130味方:B↑対フェアリー。追加効果が優秀。
対面であればダイジェットのすばやさ上昇と合わせてミミッキュに優位を取れる。
ダイアースじしん130味方:D↑対毒、ヒードラン。追加効果が優秀。
ダイロックいわなだれ130天候:砂嵐スリップダメージに注意。
がんせきふうじ110
ダイナックルばかぢから95味方:A↑元技より威力は下がるがデメリット無し。積み技感覚で。
ダイアタックしんそく130相手:S↓相手のすばやさを落とせるが、先手を取ることが目当てならダイジェットの方が優秀。
後続を意識するなら。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

りゅうのまいアタッカー型 節を編集

特性:マルチスケイル(推奨)orせいしんりょく
性格:ようきorいじっぱり
持ち物:ラムのみ/じゃくてんほけん/いのちのたま/ぼうじんゴーグル/あつぞこブーツ
努力値:AS252 H4
確定技:りゅうのまい
優先技:ダブルウイング(推奨)orそらをとぶ
選択技:げきりんorスケイルショット/じしん/ほのおのパンチ/しんそく/ばかぢからorかわらわり/はねやすめ

主に中盤から終盤に活躍させるりゅうのまいから全抜きする積みアタッカー。
しんそくによるストッパーも兼ねることができる。

デメリットはりゅうのまいにより一枠取ることによる技範囲の狭さ。
攻撃技としては通りが良く無効の無いひこう技、主にダブルウイングがメインとなるので残りは2枠。
対鋼用に炎技を採用するとヒードランが重く、じしんを採用するとナットレイテッカグヤエアームドが重くなるが、
しんそくを切って両立すると、今度はストッパー性能が失われる。
竜技を抜いた場合は抜き性能が低下する。
どこかしら欠点が出ることを承知した上で起用すること。

ミミッキュやドラパルトが多く、ノーマル技で先制する必要性が薄れた今では舞うならしんそくは不要な気がする。
↑重要な仮想敵にレジエレキ、フェローチェがいる。他にも先にダイジェ積まれた状況でも、削れてればしんそくで無償突破してマルスケ残せることがある。
鉢巻型ほど優先度は高くないけど技候補から外すほどではないから選択肢の範囲。

持ち物考察
  • ラムのみ
    りゅうのまいをする上で脅威になるまひを消すほか、自身のげきりんによる混乱、おにびのやけど対策にもなる。
  • じゃくてんほけん
    発動が相手依存で読まれやすいため安定性は望めないが、発動した後の爆発力は随一。A+3げきりんでH252メタグロスが確2になる。
  • いのちのたま
    りゅうのまい後の抜き性能を高める。
  • ぼうじんゴーグル
    ユキノオーバンギラスカバルドンと両立してもマルチスケイルを潰されず、選出に柔軟性を持たせられる。
  • あつぞこブーツ
    マルチスケイル対策として採用されやすいステルスロックを無効にする。

こだわりハチマキ型 節を編集

特性:マルチスケイル
性格:いじっぱり(推奨)orようき
努力値:HAorAS252をベースに調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:しんそく
選択技:ダブルウイング/げきりんorスケイルショット/ほのおのパンチ/じしん/ばかぢから/アイアンヘッド

主にこだわりハチマキしんそくのストッパー&全抜きを期待して採用されるアタッカー。
特性マルチスケイルによる耐久もあり、相手が展開したダイマックスポケモンを止める性能が高い。

ダイマックス時に鉢巻の補正は乗らないものの、鉢巻神速で敵1体を止めた後、ダイマックスして神速以外の技を選択する選択肢を得、動きやすくなった。
元々の高いダイマックス適性により、ダイジェットから全抜きできる芽がある。
さらに、ダイナックルで攻撃を積んで鉢巻神速するというプレイングもできるので、状況に応じた柔軟なプレイングを心掛けたい。

撃ち分けアタッカー型 節を編集

特性:マルチスケイル
性格:いじっぱりorようき
努力値:HAorAS252をベースに調整
持ち物:たつじんのおび/ぼうじんゴーグル/ラムのみ/じゃくてんほけん/あつぞこブーツ
確定技:しんそく
選択技:スケイルショット/そらをとぶorダブルウイング/じしん/ばかぢから/かみなりパンチ/だいもんじ/アイアンヘッド

りゅうのまい搭載にはない技範囲の広さと、こだわりハチマキ所持にはない撃ち分け性能を両立する型。
主に「対面構築」において相手との撃ち合いを制することを目的に採用される。
当然ながら全抜きを狙うものではなく、相手1匹とのタイマンを制することに重点を置く。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:マルチスケイル
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 HorS252をベースに調整
持ち物:こだわりメガネ/ぼうじんゴーグル/とつげきチョッキ/あつぞこブーツ/ゴツゴツメット/たべのこし
確定技:ぼうふうorエアスラッシュ
優先技:だいもんじ/れいとうビーム/りゅうせいぐん/しんそく(こだわりメガネなら不採用)
選択技:かみなりor10まんボルト/ハイドロポンプ/じしん/はねやすめ

主に補完として採用されることとなる特殊技主体のカイリュー。
ドラゴン飛行や飛行電気の技タイプの組み合わせを高火力で放てる、りゅうせいぐんによるそこそこの崩し性能があることなどが採用理由となる。
素早さや特攻はボーマンダのほうが上で技範囲も似通っているが、電気と氷の特殊技を覚えられるところが大きな差別点となる。

威力の高い技は命中が不安定なものが多いため、非ダイマックスでも安定して戦える命中安定の技を採用する選択肢もある。
環境上位にはサンダーランドロスといった氷技が刺さるポケモンが多いため、れいとうビームの優先度は高い。
ダイマックスをすれば威力の不足も補えるため、ダイマックスエースとしての適性もある。
たべのこしがあればダイアイスのスリップダメージをケアできる。

耐久型 節を編集

HBベース型 節を編集

特性:マルチスケイル
性格:わんぱく/ずぶとい/いじっぱり/ようき
努力値:HB252ベースでS調整 
持ち物:アッキのみ/たべのこし/あつぞこブーツ/ヤチェのみ
確定技:はねやすめ/そらをとぶorダブルウイングorエアスラッシュ
優先技:りゅうのまい
選択技:ワイドブレイカー/じしん/アイアンヘッド/かえんほうしゃorだいもんじ/れいとうビーム
変化技:でんじは/みがわり

特殊型同様、主に補完採用される耐久ベースの型。
エースバーンゴリランダーランドロス、連撃ウーラオスなど耐性で有利な物理相手を後出しから起点化ないし流す。
耐久ベースでSを調整して要所でりゅうのまいやダイジェットを積み、先手はねやすめで起点化できる範囲を広げる。

耐久の目安はHB特化でA特化ウーラオスのれいとうパンチがマルチスケイル込みで確定3発。
Bが1段回上昇すればマルチスケイルなしでも48.4~58.5%の被ダメなので、はねやすめの耐性変化で受けきれる。
S調整ラインは無補正108振りで実数値114となり、1ランク上昇でガブリアスウツロイドの上を取れる。

型サンプル
持ち物:アッキのみ
努力値:わんぱくH196-B204-S108
技構成:はねやすめ/ワイドブレイカー/ダブルウイング/りゅうのまい
Hは定数ダメージ最小の実数値191、HBはマルスケ非考慮でエースバーンの珠ダイジェットが53.9~63.8%、アッキ発動後で36.6~43.4%と十分なライン。
Sは1ランク上昇後最速ウツロイド抜き。ここまで振れば素の状態で80族付近にいる耐久型、カプ・レヒレなどもあらかた抜ける。
火力はA無振りでもダイジェットで無振りエースバーンやランドロス程度なら確2とまずまず。
序盤に先に相手にダイマックスを消費させることができれば、かなり嵌めやすくなる。

HDベース型 節を編集

特性:マルチスケイル
性格:しんちょう/おだやか/いじっぱり/ようき
努力値:HD252ベースでS調整 
持ち物:タラプのみ/たべのこし/あつぞこブーツ/ヤチェのみ
確定技:はねやすめ/そらをとぶorダブルウイングorエアスラッシュ
優先技:りゅうのまい/じしん
選択技:ワイドブレイカー/アイアンヘッド/かえんほうしゃorだいもんじ/れいとうビーム
変化技:でんじは/みがわり

HBベースと運用方法はだいたい同じ。
違いはれいとうビームの所有率が高いスイクンクレセリアなどを起点化しやすくなること。
また、じしんを搭載すればダイアースで特防があがるので相性がよく、積みやすさと攻撃範囲の確保を両立しやすい。


対カイリュー 節を編集

注意すべき点
マルチスケイルが強力で、ダイマックスと合わせると4倍弱点のこおり技でも一撃で倒すのは非常に困難。
2倍弱点や不一致こおり技では半分も削れないこともあり、そのまま弱点保険+ダイジェットを積まれて全抜きされかねない。
マルチスケイルが剥がれていたとしても不一致こおり技程度なら平然と耐えてしまう。
これまでの最大のマルチスケイル対策として有効であったステルスロックも、あつぞこブーツの登場で有効な対策とは言い切れなくなった。
対策方法
ダイマックス適性の高さゆえにまずダイマックスを切ってくる。
弱点技を使うと弱点保険を発動される恐れがあるので、下手に一撃は狙わずにまず弱点技以外でマルチスケイルを剥がし、その後にこおり技での一撃を狙った方が良い。
とはいえダイジェット持ちなのでタスキで耐えて上から叩く戦法は厳しいため、この戦法を使うのであればラプラスカプ・レヒレのような高耐久ポケモンを使用するのが安定。
環境には物理型が大半なのでおにびやでんじはでの状態異常も有効だが、ラムのみ持ちや特殊型も少なからずいるので注意。
またひこう技が主力になりつつあり、ドラゴン技を覚えさせていないという構築も増えてきているため、ドラゴン技読みでフェアリーを繰り出すのはリスクが高い。

主な対策法

マルチスケイルを潰してから氷技で4倍弱点を突く
ねこだまし・ステルスロック・あられ・すなあらし・ゴツゴツメットなどで。
交代時のダメージでマルチスケイルが潰れるのを恐れて基本的には死に出しがほとんどなので、強制交代技で引っ込ませてしまうのも手。
ただし、第八世代ではこれらの手段への対抗策も多い。
ねこだましのひるみはダイマックスに対しては効かないので積みの起点にされかねず、ステルスロックもあつぞこブーツで無効にされる可能性がある。
ゴツゴツメットも特殊型にはほぼ無意味であり、ダイマックス技も非接触技なので効果が無い。
強制交代技もダイマックスに対しては無効。
マルチスケイル+ダイマックスを貫通するほどの超火力で1確を取る
  • グレイシア
    C特化+いのちのたま+ふぶきを元にしたダイアイスで無振りを確1。れいとうビームが元の場合はあられダメージ込みで確1。
  • パルシェン
    A252スキルリンクつららばりで無振りを確1。スカーフを持てば上から打ち込めるので対面ならまず勝てる。
  • ガラルヒヒダルマ
    ごりむちゅう&鉢巻のA252つららおとしで無振りダイマックスを確1。準速でもこちらの方が早く、A特化鉢巻しんそくでも確2なので、対面ならつららおとしが外れなければまず勝てる。
こおりタイプのポケモンでトリプルアクセル
連続攻撃技なのでマルチスケイルを剥がしつつ大ダメージを与えられる。
A種族値が100以上なら、A252振りで3発命中すれば火力強化アイテム無しでも無振りダイマックスに対して確1を狙える。
ただし、1発ごとに命中判定(3発命中する確率は72.9%)をする仕様なので、外した場合はダイジェットでのS逆転により返り討ちになる可能性が高い。
  • マニューラ
    すばやさで上を取れる。こうかくレンズで命中を補強していればより確実。
  • アローラサンドパン
    すばやさで劣るので要スカーフ。
    一致技は両方半減できるので後出しも一応できるが、ダイドラグーンでAが低下すると確2になり、ダイジェットの場合はスカーフでも抜けなくなるので何もできずに落とされる場合もある。
  • ユキメノコ
    すばやさでは上を取れるが、ダイマックスを確1にするにはたつじんのおび以上の火力強化アイテムが必要。
その他対策が可能なポケモン
  • フェローチェ
    カイリューは最速+ダイジェットでも最速フェローチェを抜けないため、タスキを持てばカイリューの攻撃を耐えて次ターンの攻撃で落とせる。
    攻撃特化ならH4振りダイマックスをトリプルアクセル3発命中でぴったり確1にできるが、この場合はS上昇で抜かれるため、外した場合は返り討ちに合う。
    れいとうビームは命中安定だがC252@珠でも非ダイマックスに対して確2で、フェローチェ側も耐久無振りだとA252しんそくで確2、A特化@鉢巻しんそくだと確1になるため、事前にマルチスケイルが剥がれていないと厳しい。
  • ポリゴン2
    対面でトレースでマルチスケイルをコピーしてしまえばまず打ち負けない。また、後出しであってもカイリュー側の火力が上がっていなければ受け切れる。
    こちらはC無振りダイアイスであられダメージ込みで無振りダイマックス状態を確2。無振りれいとうビームでは確3になり、弱点保険からの火力上昇で逆に押し切られる場合もあるので、こちらもダイマックスを切らないとやや厳しい。
  • アローラキュウコン
    ドラゴン無効なため、ドラゴン技読みで後出しが可能。素早さで上回るので、ゆきふらしでマルチスケイルを剥がせれば上からC252@珠ふぶきでダイマックスをされても確1。
    ただし、読み違えてドラゴン以外の技を使われた場合やりゅうのまいを積まれた場合は分が悪くなる。

ハクリュー 節を編集

No.148 タイプ:ドラゴン
通常特性:だっぴ(ターン終了時に1/3の確率で状態異常を回復する)
隠れ特性:ふしぎなうろこ(状態異常のときに防御が1.5倍になる)
体重  :16.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハクリュー618465707070420だっぴ/ふしぎなうろこ
(107)(115)(507)きせきBD無振り換算
(123)(131)(539)きせきBD極振り換算
カイリュー911349510010080600せいしんりょく/マルチスケイル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

進化後とはタイプ・特性が異なり、しんかのきせき込みで物理・特殊両面で安定した耐久を得ることができる。
4倍弱点がなく特性「だっぴ」で状態異常に比較的強いため、耐久ポケモンとして適性があると言える。
とはいえ元の種族値が低いため、しんかのきせき+耐久特化してもポリゴン2のような圧倒的な硬さはない。
具体的には防御は特化でA特化ガブリアスのげきりんが低乱数1発。

だっぴ」である程度カバーできるとは言え、ねむる以外に再生回復技を覚えないため安定性に欠け、相手に大きな隙を晒す可能性がある点もネック。
低火力な上に起点回避技もドラゴンテール程度しか無く、ドラゴン技に耐性を持つ鋼タイプや高耐久のみがわり持ちには容易に起点化を許してしまう。
現環境で台頭するフェアリー相手には打つ手がないこともあり、単純に耐久ポケモンとして運用するにはかなり問題点が多い。

また耐久型ならカイリューでも一応可能であり、あちらはでんじは+はねやすめのコンボにより耐性を変えつつ「マルチスケイル」を複数回発動させながら粘ることが可能。
差別化自体は出来ているとは言えハクリュー独自の強みは不確実な要素が強く、汎用性・実用性ともあまり高いとはいえない。
カイリューへの進化や他の優秀なしんかのきせき対応の耐久ポケモンを差し置いてまで、あえてきせきハクリューを採用する理由は乏しいというのが現状である。

なお、4倍弱点が無い点としんかのきせきによる耐久力、「だっぴ」による疑似状態異常回復を利用した積みエースも考えられるが、
カイリューとは技範囲・火力とも雲泥の差があり、一発耐えるだけならカイリューの「マルチスケイル」込みの耐久のほうが優秀。
A2段階↑ハクリューの火力がA1段階↑カイリュー以下である以上、耐久に努力値を振らないとどうあがいても劣化になるため、育成の際は注意。

カイリューは覚えてハクリューは覚えない有用な技
そらをとぶ ダブルウイング ぼうふう エアスラッシュ じしん いわなだれ がんせきふうじ 
ばかぢから ほのおのパンチ かみなりパンチ ダイビング はねやすめ

ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。


特性考察 節を編集

だっぴ
積んで居座る際に脅威となる状態異常から回復できる。
ねむるからの早期復帰も狙えるため、素眠りとの相性も良い。
一方で確実性はなく、2ターン3ターンと経過しても特性が発動しないことも多々あるため博打気味。
この特性により状態異常に強いことが他の耐久ポケモンとの差別化点であるため、基本はこちらで確定。
ふしぎなうろこ
隠れ特性。状態異常中に防御が1.5倍。無補正252振りなら211相当。
しかし、ふしぎなうろこを使う耐久型といえばミロカロスがいる。
ミロカロスなら相性の良いじこさいせいも覚えられるため、いかにタイプは違えど耐久型としての汎用性には雲泥の差がある。
素眠りとのコンボも考えられるが、眠っている間に起点化されるリスクは無視できず、差別化・汎用性いずれの観点でも基本候補外。
なお、かたやぶりで貫通される。ダブルバトルでは、味方に火傷を発動させることでかえんだま以外の道具も可能になり、耐久力を活かしてじゃくてんほけんも持たせられるか。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

性格:わんぱくorしんちょう
特性:だっぴ
努力値:HB252 or HD252
持ち物:しんかのきせき
確定技:ねむる/ドラゴンテール
優先技:でんじは
選択攻撃技:だいもんじ/れいとうビーム/まきつく
選択補助技:ひかりのかべ/くろいきり

基本はでんじはで麻痺を撒き、交代読みドラゴンテールと合わせてダメージを蓄積させていく。
あらかじめ他のポケモンでステルスロックを撒いておくとより効果的。
回復技はねむるのみだが、運が良ければだっぴによりすぐに起きることができる。

ドラゴンテールは起点回避にも使える技だが、フェアリーには通らないため後続での対策は必須。
また深刻な火力不足により、A無振りの場合いかく無しの無振りギャラドスの身代わりすら低乱数でしか破壊できないので注意。
確実な起点回避技としてはみがわり貫通のくろいきりが有用と言える。

ひかりのかべを使うと等倍以下は勿論、不一致れいとうビームやめざめるパワー氷ぐらいなら十分耐えられるようになる。
ただし、ねむる+だっぴが上手く発動しないと起きる前に切れてしまう場合がある。

  • 攻撃技について
だいもんじ
無補正無振りだいもんじで特防特化ナットレイが確2。
同条件でH252振りハッサムが中乱数1。C52振りで確1。
ハクリュー自体マイナーなこともあって奇襲しやすい。どくどく耐久型にするならずぶとい(おだやか)にして採用するのもあり。
ドラゴンテールだけだとみがわり持ちの鋼タイプには容易に起点化されるため、その点でも有用。
りゅうのいかり
ちきゅうなげの50とりゅうのいかりの40の差は結構大きい。
HP164以上のポケモンのみがわりすら壊せず、半減したドラゴンタイプの技のほうがまだ威力があるため基本的に候補外。

対ハクリュー 節を編集

注意すべき点
単ドラゴンでしんかのきせきが使えるので特化すれば固い。特性も防御系。
アタッカーより耐久型として運用されることが多い。
特性「だっぴ」により状態異常に強く、ねむるを覚えていることが多いため状態異常技は悪手。
耐久型ならドラゴンテールの所持率も高く、目の前で積むのは安定しない。
決定打が無いためカイリュー以上にでんじはの所持率も高い点は意識しておこう。
対策方法
見せ合いの時点でフェアリーこおりが居れば選出されにくい。
攻撃手段はりゅうのまい+げきりん、まひるみ位しかない。
ちょうはつしてしまうかドラゴンテールでみがわりが壊れない状況なら完全に無力化する。
しんかのきせきの関係上そこそこ硬いが、回復技もねむる+だっぴ頼りなので隙も発生しやすく安定性に欠ける。
低火力で遂行速度が遅いため、テッカグヤナットレイなどでやどりぎのタネを打てばいずれハクリュー側がジリ貧になる。

火力は低い部類なので、りゅうのまいを積まれない限り壊滅はしないはず。
アタッカー型ならそれこそカイリューの劣化なので、一般的なドラゴンに対する対策がきちんとできていれば問題なく対処できる。
差別化自体はできているがそれ以上に欠点が目立つ上、その「差別化の軸となる特性を活かした戦術」が著しく安定性に欠けるポケモン。
シングルダブル問わずランクマッチの高順位帯で性能目的で採用されることはほぼない。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ミニリュウハクリューカイリュー
--1*ぼうふう11070ひこう特殊10*進化時に覚える
--1つばさでうつ60100ひこう物理35
--1しんそく80100ノーマル物理5
--1ほのおのパンチ75100ほのお物理15
--1かみなりパンチ75100でんき物理15
--1はねやすめ--ひこう変化10
111まきつく1590ノーマル物理20
111にらみつける-100ノーマル変化30
511たつまき40100ドラゴン特殊20
1011でんじは-90でんき変化20
151515ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
202020こうそくいどう--エスパー変化30
252525たたきつける8075ノーマル物理20
313333アクアテール9090みず物理10
353939ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10
404646しんぴのまもり--ノーマル変化25
455353あまごい--みず変化5
506062りゅうのまい--ドラゴン変化20
556771げきりん120100ドラゴン物理10
607480はかいこうせん15090ノーマル特殊5

過去世代

3rd4th5th/6th7th備考
ミニリュウハクリューカイリューミニリュウハクリューカイリューミニリュウハクリューカイリューミニリュウハクリューカイリュー
--------1*--1*ぼうふう*XY以降
-----------1つばさでうつ
-----1--1--1ほのおのパンチ
-----1--1--1かみなりパンチ
-----1--1--1はねやすめ
111111111111まきつく
111111111111にらみつける
----------11でんじは
----------11たつまき
888555555555でんじは
151515111111111111111111たつまき
222222151515151515151515りゅうのいかり
292929212121212121212121たたきつける
363838252525252525252525こうそくいどう
------313333313333ドラゴンテール
---313333353939353939アクアテール
---353939414747414747ドラゴンダイブ
434747414747455353455353しんぴのまもり
--55--55--55--つばさでうつ※進化時
---455353516161516161りゅうのまい
505661516164556767556767げきりん
576575556773617575617575はかいこうせん
--------81--81ぼうふう

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00メガトンパンチ8085ノーマル物理20
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技03ほのおのパンチ75100ほのお物理15
技04れいとうパンチ75100こおり物理15
技05かみなりパンチ75100でんき物理15
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技13ほのおのうず3585ほのお特殊15
技14でんじは-90でんき変化20
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技30はがねのつばさ7090はがね物理25
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技35あられ--こおり変化10
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技43かわらわり75100かくとう物理15
技45ダイビング80100みず物理10
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技59なげつける-100あく物理10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15
技97ぶんまわす60100あく物理20
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技19はねやすめ--ひこう変化10Lv
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技58フリーフォール60100ひこう物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第3世代~第4世代
技01きあいパンチ150100かくとう物理207th:教え
技03みずのはどう60100みず特殊20タマゴ/
7th:教え
技34でんげきは60-でんき特殊207th:教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15
VC第1世代
技02かまいたち80100ノーマル特殊10×
技07つのドリル-30ノーマル物理5×
技09とっしん9085ノーマル物理20×
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技11バブルこうせん65100みず特殊20×
技12みずでっぽう40100みず特殊25×
技20いかり20100ノーマル物理20×
技23りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10Lv
技31ものまね--ノーマル変化103rd:教え技
技33リフレクター--エスパー変化208th:技マ18では覚えない
技34がまん--ノーマル物理10×
技40ロケットずつき130100ノーマル物理15×
秘04かいりき80100ノーマル物理156th:秘04
VC第2世代
技01ばくれつパンチ10050かくとう物理53rd:教え技
技02ずつき70100ノーマル物理154th:教え技
技03のろい--ゴースト変化10×
技07でんじほう12050でんき特殊5×
技08いわくだき40100かくとう物理15XY:技94
技24りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20タマゴ
技31どろかけ20100じめん特殊104th:教え技
技43みきり--かくとう変化5×
技49れんぞくぎり4095むし物理204th:教え技
秘04かいりき80100ノーマル物理156th:秘04

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
しろいきり--こおり変化30
ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
HSしんそく80100ノーマル物理5Lv
みずのはどう60100みず特殊20
アクアジェット40100みず物理20
くろいきり--こおり変化30
りゅうのまい--ドラゴン変化20Lv/技レ51
ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10Lv
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10技レ62
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
ひかりのかべ--エスパー変化30技マ17

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
スケイルショット2590ドラゴン物理20
ダブルウイング4090ひこう物理10

過去世代

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
Emいびき50100ノーマル特殊15技マ24
E/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15技マ27
Emれいとうパンチ75100こおり物理15技マ04
Emかみなりパンチ75100でんき物理15Lv/技マ05
Emほのおのパンチ75100ほのお物理15Lv/技マ03
ばかぢから120100かくとう物理5技レ39
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
アクアテール9090みず物理10Lv
げきりん120100ドラゴン物理15Lv/技レ24
ねっぷう9590ほのお特殊10技レ36
HSおいかぜ--ひこう変化30
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
しめつける1585ノーマル物理20
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10技レ62
きあいパンチ150100かくとう物理20
でんげきは60-でんき特殊20
みずのはどう60100みず特殊20タマゴ
きりばらい--ひこう変化15DPt:秘05
Emねごと--ノーマル変化10技レ27
はねやすめ--ひこう変化10Lv
Emスピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
Emどろかけ20100じめん特殊10
Emれんぞくぎり4095むし物理20
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25
ダイビング80100みず物理10技マ45
たつまき40100ドラゴン特殊20Lv
HSずつき70100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
でんじは-90でんき変化20Lv/技マ14
のしかかり85100ノーマル物理15技レ01
みがわり--ノーマル変化10技レ20
ものまね--ノーマル変化10
E/XDいばる-85ノーマル変化157th:技87
Emこらえる--ノーマル変化10技レ26
Emばくれつパンチ10050かくとう物理5

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技05れいとうビーム90100こおり特殊10
技06ふぶき11070こおり特殊5
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技10じしん100100じめん物理10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技16たきのぼり80100みず物理15
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技89ぼうふう11070ひこう特殊10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
いやしのすず--ノーマル変化5XD
しんそく80100ノーマル物理5HGSS:りゅうのほこらイベント
バリアー--エスパー変化20配布(インターネット大会「カントークラシック」参加者プレゼント)
しんそく80100ノーマル物理5VCクリスタル:りゅうのほこらイベント

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1/ドラゴン
孵化歩数10240歩
性別♂:♀=1:1
進化条件ミニリュウ(Lv.30)→ハクリュー(Lv.55)→カイリュー

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
アクアジェットレベルゴルダック/カブトプス系統/アバゴーラ系統/ブロスター系統/アシレーヌ系統
しろいきりレベルラプラス/ヌオー系統/ルンパッパ系統/ペリッパー系統/チルタリス系統/コオリッポ
しんそく自力カイリューLv1
旧特殊HGSS:イベント, VCクリスタル:イベント
ちょうおんぱレベルマンタイン/ラグラージ系統/ペリッパー系統/ビブラーバ/フライゴン/ガマゲロゲ系統/オンバーン系統
みずのはどうレベルカメックス系統/ゴルダック系統/ヤドラン系統/Gヤドラン系統/ラプラス/
ヤドキング/Gヤドキング/オクタン系統/マンタイン/ラグラージ系統/ペリッパー系統/
ミロカロス/トリトドン系統/ドラミドロ系統/ブロスター系統/ヌメルゴン系統/インテレオン系統
りゅうのいぶきレベルリザードン系統/キングドラ系統/ビブラーバ/フライゴン/チルタリス系統/ボーマンダ系統/
ガブリアス系統/サザンドラ系統/ヌメルゴン系統/ジジーロン/アップリュー/ドラパルト