ガブリアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ガブリアス 節を編集

No.445 タイプ:ドラゴン/じめん
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:さめはだ(接触技を受けると相手に最大HPの8分の1のダメージを与える)
体重  :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガブリアス108130958085102600すながくれ?/さめはだ?

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

冠の雪原で復帰した、第四世代出身のじめん×ドラゴンの600族。
高い種族値と恵まれた技、優秀な耐性から、第四〜第六世代の10年もの間シングル対戦環境の頂点に君臨していたポケモン。
第七世代ではフェアリーに押され逆風気味だったが、それでも一定の採用が見られた。

第八世代ではメガシンカが剥奪されたが、元々異なる運用が為されていたので選択肢が減った、という程度。
同時にカプ神が復帰したのは懸念材料ながら、運用自体は然程変化することは無いと思われる。
新要素のダイマックスとの相性はそこそこ良好。耐久を底上げし、フェアリーを強引に耐えることが可能に。
アイアンテールをアイアンヘッドより威力が高く、更に必中の技として運用できるようになった。
流石に4倍の氷は痛いが、めざめるパワーの廃止によって想定外の場所から致命傷を受けることは無くなった。

一方で特性が両方とも相手にダイマックスされると実質無効となるのは痛い。
また、(予想はされていたものの)ダイジェットになるつばめがえしが剥奪されてしまった。
新規習得技であるスケイルショットで一応の代替が可能ではあるものの、他にめぼしい技は習得していない。
同じく新技であるトリプルアクセルとの相性は最悪。採用率もそれなりに高いので、使用可能な相手と対峙したら常に意識しておくこと。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

どちらもダイマックスに対して非常に相性が悪い。

すながくれ
通常特性。運に依存するので安定はしないが、1回の行動によるリターンが大きいガブリアスなら十分に候補。
第八世代ではダイロックにより、単独で能動的に発動できるようになった。ダイマックス技は全て必中なので注意。
さめはだ
隠れ特性。接触技を受けた際に相手にスリップダメージを与える。トリプルアクセルが接触技なので発動機会はある。
とはいえ倒されることを防ぐことはできず、またダメージ源としては少々不安な数値。
ダイマックス技が非接触というのもあり、採用は砂パ以外、かつ相手の砂にも期待しない場合か。