キュレム - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

キュレム 節を編集

No.646 タイプ:ドラゴン/こおり
特性(通常)  :プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
特性(ホワイト):ターボブレイズ(特性に関係なく相手に技を出せる)
特性(ブラック):テラボルテージ(特性に関係なく相手に技を出せる)
体重(共通)  :325.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キュレム125130901309095660プレッシャー
ホワイトキュレム1251209017010095700ターボブレイズ
ブラックキュレム1251701001209095700テラボルテージ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ドラゴン/かくとう/はがね/いわ/フェアリー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

唯一の「こおり×ドラゴン」の複合タイプを持つ禁止級伝説ポケモン。
HPと攻撃・特攻が高めで、レシラムゼクロムと合体することでフォルムチェンジし、攻撃面がさらに伸びる。
禁止伝説戦想定だとこおりorドラゴンどちらかを弱点に持つポケモンが多く、双方半減のはがねタイプが少ないので一致技の通りがかなり良い。
レシラムたちより素早さが高く、禁止級最激戦区の90族を抜いていることもポイント。上からの一致技で確定圏に捉えれば貧弱な耐性もカバーしやすい。

弱点はやはり耐性の貧相さに尽きる。氷等倍のドラゴン、炎等倍のこおりという独自の魅力はあれど耐性は少なく弱点が非常に多い。
ソルガレオ日食ネクロズマなど、キュレムが先手を取られる相手は軒並み一致弱点を突いてくることは大きなネック。
また一致専用氷技の使い勝手が悪く、基本は無難なれいとうビームに落ち着いてしまうため、氷技の威力があまり出ないことも小さくない欠点である。

第八世代ではフリーズドライを習得し、今まで有効打が無かったアシレーヌを始めとした水・フェアリーに有効打を持てるように。
また、ブラックキュレム待望の使いやすい物理氷技としてつららばりも習得可能になった。
他ぜったいれいど・ワイドブレイカー・りゅうのまい・スケイルショット等を習得可能に。
一方で、キュレムより素早く鋼技の火力もかなり高いザシアンザマゼンタの登場は気がかり。

つめとぎ・はねやすめの習得は過去作限定。
元々禁止級なのでカジュアルマッチで使う分には問題ないが、一度忘れると習得できなくなることに気をつけておきたい。

いでんしのくさびはラテラルタウンの掘り出し物市で手に入る。

ランクマッチシリーズ8では禁止伝説級を1体使用可能。
ただし、バトルレギュレーションマークを付与するために過去作限定技は忘れさせる必要がある。
配布個体などの希少な限定技を消してしまわないよう、使用する個体には注意を払いたい。

主要な過去作限定技(廃止技除く)
ドラゴンテール/つめとぎ/かげぶんしん/どくどく/いばる/はねやすめ

ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

フォルムチェンジに必要な「いでんしのくさび」は手持ちかボックスにキュレムがいると、ラテラルタウンの掘り出し物屋が譲ってくれる。
それに加えて合体用のゼクロムレシラムのどちらかも必要になる。
個体値などのステータス関係はキュレムのみに依存する。
いでんしのくさびは大切なもの扱いであり、フォルムチェンジ後も自由に持ち物が選べる。

フォルムチェンジした場合、一部の技が以下の通りに変化する。
そのため「ホワイトキュレムでこごえるせかいを使用する」などは不可能なので注意。
通常時限定だったこわいかおは、技マシン化により他のフォルムでも使用可能になった。
こわいかおとクロスフレイムorクロスサンダーを両立させた状態で通常キュレムに戻した場合、技欄の後ろ側のこわいかおを忘れ、欄が一つ空く。PPを増やしている場合は注意。

ホワイトキュレム通常キュレムブラックキュレム
コールドフレアこごえるせかいフリーズボルト
クロスフレイムこわいかおクロスサンダー

なお、いでんしのくさびの仕様上ホワイトキュレムとブラックキュレムを1つのデータに共存させることはできない[1]

通常キュレム 節を編集

通常時でも攻撃・特攻共に高めだが、攻撃性能はフォルムチェンジ後に到底敵わない。
フォルムチェンジ後では使えない専用技のこごえるせかいもホワイトキュレムのこごえるかぜよりダメージが低い。
そのため、基本的にはフォルムチェンジ後の使用が推奨される。
考察は雑記wikiにあります。

プレッシャー
弱点の多さから耐久型としての運用は厳しく、特性の発動順による素早さ判定に使える程度。

ホワイトキュレム 節を編集

レシラムを吸収した特殊特化形態。
ブラックキュレムに比べ使いやすい一致技が揃っており、攻撃面の性能が安定している。
準専用技であるクロスフレイムの他にきあいだまやだいちのちからを覚えるため、鋼タイプ相手でも止まりづらい。
特殊型がメインとなる関係上素早さを補強する手段に欠けるため、自身より低速のポケモンに役割を絞った広範囲の崩し役としての運用がメイン。
受けられづらさと一致技の使い勝手の良さから、ダブルバトルにおいても活躍が期待できる。

ターボブレイズ
がんじょうマルチスケイルなどの厄介な特性を無視して攻撃できる。

ブラックキュレム 節を編集

ゼクロムを吸収した物理特化形態。
準専用技のクロスサンダーと、水半減・氷等倍の耐性により水タイプに強く出られる点で優秀。
ホワイトキュレムと比べりゅうのまいやダイジェットで積極的に突破力を補強できるため、非常に優秀な積みエースとなる。
一方で通常運用時の物理氷技は癖の強いフリーズボルトかつららばりの二択なので安定感に欠ける。
物理竜技も使いづらくそもそも氷×電気の範囲が優秀なため、ホワイトキュレムと違い竜技を切った構成になることも多い。
一致技の仕様や積みが前提となる性質上、どちらかと言えばシングル向き。

テラボルテージ
がんじょうマルチスケイルなどの厄介な特性を無視して攻撃できる。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
フリーズボルト140(210)90溜め攻撃
麻痺30%
ブラックキュレム専用。
追加効果が優秀だが、溜め技なので試行回数を稼ぐのは非現実的。
ダイマックス化することで威力据え置きで連発できるが追加効果はなくなる。
クロスサンダー100100-ブラックキュレム専用。氷技の相性補完に優秀。
げきりん120(180)100行動固定
攻撃後混乱
威力は高いが性質上使いにくい。
抜群をとれる範囲が氷と被るのとメタモン対策で切られることも。
ドラゴンクロー80(120)100-威力が低いが、拘り時に撃ちやすい。げきりんと両立が基本。
スケイルショット25*2~5
(37*2~5)
90防御↓素早さ↑攻撃しつつS補強もできるがBは下がる。期待値は3発。
ワイドブレイカー60(90)100相手攻撃↓削りつつ相手の火力を削ぐ。ダブルでの補助に。
つららばり25(37)*2~5100-一致技。連続攻撃でタスキやヤチェに強い。期待値は3発。
つららおとしやれいとうパンチは覚えない。
シャドークロー70100急所率+1氷竜両方半減のソルガレオ、4倍狙いでルナアーラなどに刺さる。
そらをとぶ9095溜め攻撃ダイマックス枯らしに。かみなりを必中で受けるが半減できる。
ダブルウイング40*2902回攻撃使いやすいひこう技。対かくとう。ダイジェット用にも。
ボディプレス80100防御換算鋼対策。防御力自体はそれなりにあり、無振りの実数値は120。
ダイスチル以外に自分で防御を上げる手段がないのが難点。
ストーンエッジ10080急所率+1ホワイトキュレムの役割破壊技。4倍弱点持ちへの牽制となる。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジより命中安定だが火力は控えめ。
アイアンヘッド80100怯み30%キュウコン(アローラのすがた)ピンポイント。
がむしゃら-100-数少ない個性だが先制技を覚えない。死に際or霰併用で。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
コールドフレア140(210)90溜め攻撃
火傷30%
ホワイトキュレム専用。
追加効果が優秀だが、溜め技なので試行回数を稼ぐのは非現実的。
ダイマックス化することで威力据え置きで連発できるが追加効果はなくなる。
クロスフレイム100100-ホワイトキュレム専用。補完も優秀な鋼対策。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓主力技。ドラゴン最高の特殊火力を活かせる。
れいとうビーム90(135)100凍り10%霰に頼らない場合の主力。
フリーズドライ70(105)100水に抜群水に役割を持つなら。水/竜などに4倍。
こごえるせかい65(97)95素早↓100%通常キュレム専用技。こごえるかぜの上位互換。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%ダブルが多い伝説戦では優秀な2体攻撃。フォルムチェンジでも使える。
ふぶき110(165)70凍り10%全ポケモン最高威力のふぶきを繰り出せる。
きあいだま12070特防↓10%バンギラスに。
だいちのちから90100特防↓10%鋼対策。特性でふゆうを無効化。じしんは覚えない。教え技。
ぜったいれいど-30一撃必殺持ち技ではどうしようもない相手への博打。
ブラックキュレムに対するザシアンのような場合に最後の手段として放つ。
変化技タイプ命中効果備考
りゅうのまい-AS↑抜き性能を上げる強力な積み技。ブラックキュレムで。
ふういん-技封じ相手のりゅうせいぐん等を使用不能に。
あられ-天候技セルフで降らす。きあいのタスキがむしゃらの締めにも。
はねやすめ-HP1/2回復過去作限定。回復技。ひこうタイプではないので耐性変化は起こらない。
リフレクター-物理半減味方のサポートに。
ひかりのかべ-特殊半減味方のサポートに。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンりゅうせいぐん140(210)相手:A↓一致技。等倍範囲が広い。疑似物理耐久上昇。
りゅうせいぐんの反動やげきりんの行動固定を嫌う場合に。
げきりん
りゅうのはどう130(195)
ドラゴンクロー
ダイアイスふぶき140(210)天候:霰一致技。専用技の溜めを無視できるが追加効果はなくなる。威力は同じ。
霰でタスキ潰し&吹雪の必中化。
こごえるせかいは通常キュレム専用。
フリーズボルト
コールドフレア
れいとうビーム130(195)
ぜったいれいど
つららばり
フリーズドライ120(180)
こごえるせかい
ダイバーンクロスフレイム130天候:晴ホワイトキュレム専用。霰とはアンチシナジー。
ダイサンダークロスサンダー130場:EFブラックキュレム専用。睡眠予防&竜技を半減するミストフィールドもかき消せる。
ダイナックルきあいだま95味方:A↑対岩鋼。ブラックキュレムとのシナジー性が高い。
ボディプレス90
ダイアースだいちのちから130味方:D↑対炎鋼。追加効果が優秀。
ダイスチルラスターカノン130味方:B↑対妖氷。追加効果が優秀。
アイアンヘッド
ダイロックストーンエッジ130天候:砂嵐対炎氷。霰と相性が悪い。
げんしのちから110
ダイジェットそらをとぶ130味方:S↑対闘。加速にも。ブラックキュレムなら火力も期待できる。
ダイサイコサイコキネシス130場:PF対闘。先制技封じやミストフィールドの上塗りにも。
しねんのずつき
ダイホロウシャドーボール130相手:B↓対超。追加効果は特殊型とミスマッチ気味。
シャドークロー120
ダイアタックハイパーボイス130相手:S↓こごえるせかいやダイジェットと効能が被りがち。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

型考察 節を編集

ホワイトキュレム 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/ラムのみ
確定技:りゅうせいぐん/ふぶきorれいとうビームorフリーズドライ/だいちのちから/クロスフレイム
攻撃技:りゅうのはどう/こごえるかぜ/きあいだま/ぜったいれいど/ダブルウイング/がむしゃら
補助技:みがわり/りゅうのまい

高火力の特殊技で一掃する型。
C170から繰り出される一致りゅうせいぐんの威力は凄まじく、いのちのたまを持たせればグラードンディアルガ程度なら確1になる。

一致技を半減にする鋼に対しても、クロスフレイムとだいちのちからどちらかが必ず抜群以上で通る。
フリーズドライ+炎+地の範囲は全18タイプ中12タイプに抜群が取れ、そこに等倍範囲と威力に優れた竜技も加わるので受け出しは極めて困難。

素早さがネックだが技範囲と火力は申し分無いため、味方によるサポートがあるとより活躍が望める。
氷技で飛行を牽制しやすい関係でねばねばネットとの相性がよく、ダブルではおいかぜ構築での運用も視野に入る。

ブラックキュレム 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/ラムのみ
確定技:クロスサンダー/つららばり/りゅうのまい
選択技:そらをとぶ/げきりんorドラゴンクロー(両立可)/シャドークロー/ボディプレス/ぜったいれいど

氷×電気の非常に優秀な攻撃範囲がウリの積みアタッカー。
ロクな物理氷技を覚えなかったが、今作でつららばりを習得。
ダイマックス化前提の技を多く覚えるので積極的に切っていきたい。
逆に言うとダイマックスを凌がれると途端に扱いづらさが目立ってくるため、使い所に注意。

S↑上昇後の素早さは性格補正なし252振りで最速ザシアンと同速。有効打は少ないが抜きたいなら性格補正ありで。
A↑上昇後のA252@いのちのたまダイサンダーでザシアンが高乱数1発。ステロ込みで確定。
一度りゅうのまいを積んでしまえば多少の不利相性も覆せるほどの突破力に期待できる。


対キュレム 節を編集

対ホワイトキュレム 節を編集

注意すべき点
全ポケモン中でもトップクラスに高い特殊火力と豊富なサブウェポンを持ち、とにかく受けにくい。
また、特殊耐久も高く、耐性が特殊寄りなため生半可な技だと削りにくい。
そして、かつてのメガシンカポケモン級の種族値を持ちながら持ち物自由で、メガネりゅうせいぐんの火力は半減でも油断できない。
特性でふゆう・がんじょう等を無効化するのも警戒しなければならない。
対策方法
ザシアンソルガレオなら不一致クロスフレイムに耐えつつ鋼技を撃ち込める。
ゼルネアスが比較的安定。上から殴れるうえ、ジオコントロールを積んでしまえばほとんど怖くない。
また、ホウオウもゼルネアスに並んで安定する。
パルキアはタイプ相性上有効に見えるが、無補正あくうせつだんが乱数止まりなのであまりお勧めできない。
一般ポケモンならかそくバシャーモ等速い格闘ポケモンががかなり有効。
ただし、いずれもぜったいれいどには注意。

対ブラックキュレム 節を編集

注意すべき点
物理技はつららばり、げきりん、そらをとぶなど不安定な技が多いが、ダイマックス化させることでデメリットなしで連発してくる。
特に、りゅうのまいやダイジェットによるS上昇からの全抜きには充分注意したい。
鋼にはボディプレス、フェアリーに対してはアイアンヘッドがあるので馬鹿にできない。
物理主体なのでホウオウやゼルネアスもややきつい。
対策方法
おにびを入れれば機能停止する。
対鋼技が少なめなのでザシアンが有効。技構成次第ではザマゼンタソルガレオ、日食ネクロズマも。
対鋼技が少なめなのでディアルガゲノセクトギルガルド等も有効。
ただしディアルガはこだわりハチマキげきりんだと受け出しできず、相性上有利な相手もぜったいれいどで強行突破される危険性もある。
また、げきりんをロックしてしまえばフェアリーのカモなので、げきりん読みで出すと効果的。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
キュレムホワイトブラック
111りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
111おたけび-100ノーマル変化30
111げんしのちから60100いわ特殊5
111フリーズドライ70100こおり特殊20
888きりさく70100ノーマル物理20
161616がむしゃら-100ノーマル変化5
242424りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
323232れいとうビーム90100こおり特殊10
404040ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
48--こわいかお-100ノーマル変化10技26
-48-クロスフレイム100100ほのお特殊5
--48クロスサンダー100100でんき物理5
565656ふぶき11070こおり特殊5
646464ふういん--エスパー変化10
727272げきりん120100ドラゴン物理15
80--こごえるせかい6595こおり特殊10
-80-コールドフレア14090こおり特殊5
--80フリーズボルト14090こおり物理5
888888ぜったいれいど-30こおり特殊5

過去世代

5th
~SM
USM威力命中タイプ分類PP備考
キュレムホワイトブラックキュレムホワイトブラック
111111こごえるかぜ5595こおり特殊15技27
111111りゅうのいかり40100ドラゴン特殊10×
888888ふういん--エスパー変化10
151515151515げんしのちから60100いわ特殊5
222222222222れいとうビーム90100こおり特殊10
292929292929りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
363636363636きりさく70100ノーマル物理20
43--43--こわいかお-100ノーマル変化10
-43--43-クロスフレイム100100ほのお特殊5
--43--43クロスサンダー100100でんき物理5
50--50--こごえるせかい6595こおり特殊10
-50--50-コールドフレア14090こおり特殊5
--50--50フリーズボルト14090こおり物理5
575757575757りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
646464---ふういん--エスパー変化10
---646464おたけび-100ノーマル変化30
717171717171がむしゃら-100ノーマル変化5
787878787878ふぶき11070こおり特殊5
858585858585げきりん120100ドラゴン物理15
929292929292ハイパーボイス90100ノーマル特殊10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技30はがねのつばさ7090はがね物理25
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技35あられ--こおり変化10
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技41てだすけ--ノーマル変化20
技44ふういん--エスパー変化10
技46ウェザーボール50100ノーマル特殊10
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技51つららばり25100こおり物理30
技57しっぺがえし50100あく物理10
技59なげつける-100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技97ぶんまわす60100あく物理20
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化15
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15×
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20×
技27おんがえし-100ノーマル物理20×
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20×
秘01いあいぎり5095ノーマル物理
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

なし。

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
ダブルウイング4090ひこう物理10
スケイルショット2590ドラゴン物理20

過去世代

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
シグナルビーム75100むし特殊15×
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10Lv
こごえるかぜ5595こおり特殊15技27
だいちのちから90100じめん特殊10技レ67
しねんのずつき8090エスパー物理15技レ69
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
いびき50100ノーマル特殊15技24
げきりん120100ドラゴン物理15Lv
がむしゃら-100ノーマル物理5Lv
とぎすます--ノーマル変化30
はねやすめ--ひこう変化107th:技19
ねごと--ノーマル変化10技レ27

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技05れいとうビーム90100こおり特殊10
技06ふぶき11070こおり特殊5
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技42ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技69しねんのずつき8090エスパー物理15
技70ラスターカノン80100はがね特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明


[1] フォルムチェンジ状態のままで通信交換・ポケモンバンク・ポケモンHOMEによる転送や逃がすこともできない。