ドラミドロ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ドラミドロ 節を編集

No.691 タイプ:どく/ドラゴン
通常特性:どくのトゲ(接触技を受けると30%の確率で相手をどく状態にする)
        どくしゅ(接触技で攻撃した相手を30%の確率でどく状態にする)
隠れ特性:てきおうりょく(自分の使うタイプ一致技の威力が1.5倍でなく2倍になる)
体重:81.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
毒竜複合HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドラミドロ6575909712344494どくのトゲ?/どくしゅ?/てきおうりょく?
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト?
類似特殊竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドラミドロ6575909712344494どくのトゲ?/どくしゅ?/てきおうりょく?
レジドラゴ200100501005080580りゅうのあぎと?
ヌメルゴン901007011015080600そうしょく?/うるおいボディ?/ぬめぬめ?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/こおり/ドラゴン/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/ほのお/むし/かくとう/どく
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

攻撃面・耐久面とも補完に優れた「どく×ドラゴン」の複合タイプを持つポケモン。
隠れ特性「てきおうりょく?」により、種族値以上の火力でどく技とドラゴン技を放てる。
高火力一致毒技によりフェアリーによる安易な受けを許さない点が最大の魅力。
タイプ一致技双方に耐性を持つはがねに対しても、超火力のドラゴン技で十分な削りを狙える。

ドラゴンでありながら補完に優れる安定高威力のほのお技を覚えられず、素の特攻種族値も控えめ。
一致技は無効タイプがあるゆえ一点読みで受けられやすく、サブウェポンは弱点を突かなければ火力不足のため、サイクル戦で安定したリターンが取りづらいのが難点。
さらに、サイクル戦向けの耐性・種族値傾向でありながら肝心の耐久力は低HPのせいで伸び悩み、鈍足ゆえ上から崩されやすい。
ライバルのアーゴヨンはドラミドロ以上の特攻に加え、炎技によりはがね・フェアリーに対して等倍以上の打点を狙いやすい。
低耐久だが素早さが圧倒的に高いため多くの有利対面で上から殴ることができ、わるだくみとビーストブースト?で全抜きも狙える。
ドラミドロと比べ攻撃面で扱いやすい要素が揃っており、残念ながら採用率では大きく水を開けられてしまっている。

あえてドラミドロを使うなら、サブウェポンのレパートリーの広さや、鈍足を逆手に取ったトリル適正を活かすことが考えられる。
今作ではダイマックスワザにすることで様々な効果が得られるため、サブウェポンで幅広いタイプの技が扱えることは優位点。
現環境ではダイジェットが強力なため、相対的にトリックルームの重要性も上がっている。

鎧の孤島にてスケイルショット・クイックターンを習得。
めざめるパワー廃止で炎・地面技はなくなった。これにより鋼に抜群で通る技がきあいだましか選べなくなっている。

冠の雪原では同じく超火力のドラゴン技を扱えるレジドラゴが登場し、非禁止伝説級最大火力のドラゴン技の使い手の座を明け渡す形になった。
ただ、あちらは特殊のサブウェポンが壊滅的に少なく、何より主戦場はダブルのため差別化ではさほど困らないだろう。

物理型をノートへ移行。議論の決着が付いたため、暫くドラミドロ/ノートにて保管後、雑記wikiへ移動します。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

どくのトゲ
接触攻撃を受けた場合に3割の確率で相手を毒状態にする。
確実性に欠ける上、毒or鋼タイプや毒無効特性のポケモンには効果がない。
誘う弱点技の氷・地面・エスパー技はいずれも非接触技が多く、
鋼タイプを強く呼び寄せることも考えるとミスマッチと言える。
どくしゅ
接触攻撃時に3割の確率で相手を毒状態にする。
どくのトゲ同様、確実性がない上に猛烈に鋼タイプを呼ぶポケモンであるため、発動機会は極めて限定的。
A種族値が低い上、習得可能な接触物理技の威力も全体的に低いので選択する利点も薄く、基本的に候補にはならない。
てきおうりょく
隠れ特性。デメリットなしで一般ドラゴン最高の特殊火力を得られ、強化アイテムがあれば鋼タイプにも相当なダメージが狙える。
毒タイプを持つためフェアリーも出てきにくく、有利対面でドラゴン技を撃ちやすいことがポイント。
この特性による超火力がドラミドロの個性かつ最大の強みであり、他の特性が使いづらいのもあって基本これで確定。
トレース?持ちには注意。一致技で弱点を突かれやすい。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力適応力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)26090特攻↓↓タイプ一致技。超火力だが連発には向かない。撃ち逃げ向き。
半減でも威力130と等倍きあいだま以上の威力。
りゅうのはどう85(127)170100-タイプ一致技。性能安定。りゅうせいぐんとの両採用もあり。半減時威力85。
ヘドロウェーブ95(142)190100毒10%タイプ一致技。ダブルでは周囲全体攻撃。
ドラゴン技同様半減でも削りが狙えるが鋼タイプに無効化される。
ヘドロばくだん90(135)180100毒30%タイプ一致技。追加効果発生率では勝る。
ベノムショック65(97)/
130(195)
130/260100-タイプ一致技、状況限定だが毒技最高火力。どくどくやどくびしとあわせて。
きあいだま120-70特防↓10%鋼対策として十分な威力を持つがいかんせん命中率が低い。
これだけではひこう・むしとの複合やギルガルドが辛い。
シャドーボール80-100特防↓20%対ゴースト・エスパー。鋼にも等倍で通り、
ギルガルドとフェアリーの並びに一貫する。
ハイドロポンプ110-80-対岩・地面。鋼にも等倍。命中難。
なみのり90-100-ハイドロポンプと選択。命中安定。
ねっとう80-100火傷30%追加効果狙いなら。威力は低い。
かみなり110-70麻痺30%水・飛行に抜群で鋼にも等倍。鋼+水or飛行の並びに一貫。雨と合わせて。
10まんボルト90-100麻痺10%かみなりと選択。命中安定。
こごえるかぜ55-95素早↓100%追加効果が優秀。鈍足なため自身への恩恵は少なめ。後続サポートに。
物理技タイプ威力適応力命中追加効果接触備考
げきりん120(180)240100行動固定タイプ一致。行動固定が痛い。
スケイルショット25*2~5
(37*2~5)
50*2~590自分の
防御↓素早↑
×タイプ一致。Bが下がるが、低速の相手なら追い抜ける様に。
ドラゴンテール60(90)12090優先度-6
相手交代
タイプ一致。積み技対策や、どくびしとあわせて。
ダストシュート120(180)24080毒30%×タイプ一致。高威力・命中難。非接触。
妖は防御の低い相手が多いので、ダメージに期待できる。
特殊型で採用する手も。
アクアテール90-90-対岩・地面。鋼にも等倍。やや命中不安。
たきのぼり80-100怯み20%アクアテールと選択。命中安定。
クイックターン60-100自分交代鈍足を活かして後攻交代に。威力は低い。
とびはねる85-85溜め技
麻痺30%
ダイマックス枯らしに。命中難。
変化技タイプ命中備考
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中。
どくびし-設置技。ベノムショックやドラゴンテールとあわせて。
くろいきり-起点回避技。相手の積みとりゅうせいぐんでのCダウンをまとめてリセットできる。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力適応力効果解説
ダイドラグーンげきりん
りゅうせいぐん
140(210)280相手:A↓一致技。追加効果により不安な耐久を補える。フェアリーを誘いにくく扱いやすい。
りゅうのはどう
スケイルショット
130(195)260
ダイアシッドダストシュート95(142)190味方:C↑一致技。威力は控えめ。積み技として。
ヘドロウェーブ
ヘドロばくだん
90(135)180
ダストシュートの採用について
※こだわりメガネ、いのちのたまの場合はヘドロウェーブでも事足りるため、採用する場合はとつげきチョッキや回復アイテムで。
  • アシレーヌなどの防御<特防のフェアリーを意識する場合、ダストシュートの採用はアリ。
    りゅうせいぐんのCダウンを気にせず撃てるのも強み。
    ニンフィアがH振りの場合、ヘドロウェーブはC特化でも特性込みで確2だが、ダストシュートなら無補正無振りでも特性込みで確1。
  • H振りマリルリはC特化ヘドロウェーブで確1なので、基本的にダストシュートでの確定数を考慮する必要はない。
    ただし、とつげきチョッキ対策として敢えて物理で攻める場合、努力値を振らないと耐えられる可能性が高い。
    H振りマリルリに対してダストシュートはA60振り特性込みで50%の乱1、A148振り特性込みで確1となる。
  • トゲキッスはH無振りならC特化ヘドロばくだんで確1だが、H252振りを確定で突破したい場合、A補正なし特性込み200振りでダストシュートを使う必要がある。

型考察 節を編集

特殊型 節を編集

特性:てきおうりょく
性格:ひかえめ/れいせい(トリルorダストシュート採用時)
努力値:HCベースにA調整
持ち物:こだわりメガネ/とつげきチョッキ/きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブorヘドロばくだん
選択技:きあいだま/りゅうのはどう/シャドーボール/ハイドロポンプorなみのり/かみなりor10まんボルト/ダストシュート/クイックターン

耐性を活かして有利な相手に繰り出し、一致技を中心に高火力で負荷をかける。
毒技の存在によりドラゴン技読みのフェアリーは出てきづらい一方、鋼タイプを強烈に呼ぶ。
半減りゅうせいぐん>等倍サブウェポンなので、うち逃げの場合は後続に鋼タイプがいても基本はドラゴン技を撃ったほうがよい。
半減でもこだわりメガネりゅうせいぐんはH252ギルガルドを44.3〜52.7%削る火力がある。

タイプ一致技が1.5倍→2倍とはいえ、特攻種族値が高くはないので基本はこだわりメガネなどの火力アップアイテムを持たせたい。
鈍足で被弾回数がかさみやすいため、とつげきチョッキを持たせて特殊への繰り出し回数を確保するのもあり。

上述のように基本は半減でも一致技のほうが威力が出やすいため、サブウェポンは特定のポケモンや並びに対するピンポイントでの採用となる。
その中でもきあいだまは一致技の通りにくい鋼に通るため、他のサブウェポンより優先される。
命中も低く特殊型で使う場合はダイナックルの相性が悪いので選択技に降格。
その他のサブウェポンはどうしてもピンポイントになりやすいため、パーティの呼ぶ仮想敵に合わせて選択すること。

ダストシュートを採用する場合はAに下降補正が掛からない性格を推奨。
れいせいでSVならちょうど最遅ギルガルド抜かれ(実数値57)になり、H252ブレードフォルムをこだわりメガネりゅうせいぐんで半減で確1にできる利点もある。

素早さ調整について

基本的に遅いため努力値は耐久に回した方がいいが、調整をかければ抜ける相手もおり、状況次第では完封も可能である。

努力値実数値仮想敵相手の種族値
2467補正なしS4振りローブシンAガラガラ抜き45
6072補正なしS4振りマリルリ抜き50
14082補正なしS4振りニンフィアアシレーヌ抜き60
14883補正なしS4振りバンギラス抜き61

相性考察 節を編集

ドータクン
ドラミドロの弱点をドータクンがすべて半減以下にでき、ドータクンの弱点の炎にドラミドロが強い。
さらにドータクンのトリックルームで、素早さの低いドラミドロをサポートできる。
ただし、悪・ゴーストが共に一貫し、特性「かたやぶり?」のじしんには共に弱点を突かれる。
エアームドアーマーガア
ドラミドロの氷以外の弱点を全て半減以下に。一方ドラミドロはエアームドやアーマーガアの苦手な炎や電気に耐性を持つ。
また彼らはドラミドロに後出しされやすい鋼タイプやフェアリータイプにも、高威力ボディプレスもしくは一致鋼技で圧力をかけられることもあり、サイクル有利に持ち込みやすい。
前者はステルスロック+ふきとばしやがんじょう?による安定性、後者は特性により能力ダウンを受け付けないなど相方としての性能は一長一短。

対ドラミドロ 節を編集

注意すべき点
特性てきおうりょくにより、一致技の威力が高い。特にりゅうせいぐんは脅威的。
毒複合なのでフェアリーも出しづらい。
特防が高く4倍弱点も無いため、特殊技では一撃で落とせず返り討ちにあうことも。
対策方法
鋼タイプなら一致技を両方半減以下に抑えられる。
ギルガルドならきあいだまも無効だが、明確な有効打を持たず後攻メガネりゅうせいぐん等で処理されてしまうこともあるため微妙。
防御は低く鈍足なので、ドリュウズ等で上から弱点を突くのが手っ取り早く安全。交代読みきあいだまには注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
クズモードラミドロ
11たいあたり40100ノーマル物理35
11えんまく-100ノーマル変化20
51ようかいえき40100どく特殊30
101みずでっぽう40100みず特殊25
1515しっぽをふる-100ノーマル変化30
2020かげぶんしん--ノーマル変化15
2525ポイズンテール50100どく物理25
3030みずのはどう60100みず特殊20
3535どくどく-90どく変化10
4040りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
4545アクアテール9090みず物理10
5052ヘドロばくだん90100どく特殊10
5559ハイドロポンプ11080みず特殊5
-66げきりん120100ドラゴン物理10

過去世代

6th
7th
威力命中タイプ分類PP備考
クズモードラミドロ
-1ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
-1たつまき40100ドラゴン特殊20
11たいあたり40100ノーマル物理35
11えんまく-100ノーマル変化20
11みずでっぽう40100みず特殊25
-1*だましうち60-あく物理20*SM以降
55だましうち60-あく物理20
99しっぽをふる-100ノーマル変化30
1212あわ40100みず特殊30
1515ようかいえき40100どく特殊30
1919ほごしょく--ノーマル変化20
2323ポイズンテール50100どく物理25
2525みずのはどう60100みず特殊20
2828かげぶんしん--ノーマル変化15
3232どくどく-90どく変化10
3535アクアテール9090みず物理10
3838ヘドロばくだん90100どく特殊10
4242ハイドロポンプ11080みず特殊5
4953りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
-59ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
-67*たつまき40100ドラゴン特殊20*SM以降は進化時

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技33あまごい--みず変化5
技35あられ--こおり変化10
技39からげんき70100ノーマル物理20
技45ダイビング80100みず物理10
技52とびはねる8585ひこう物理5
技74ベノムショック65100どく特殊10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技06どくどく-90どく変化10Lv
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15Lv
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10タマゴ
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

6th
~7th
8th威力命中タイプ分類PP備考
くろいきり--こおり変化30
とける--どく変化20
たつまき40100ドラゴン特殊20
ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
どくびし--どく変化20技レ54
じゃれつく9090フェアリー物理10技レ90
ベノムトラップ-100どく変化20技レ91

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
スケイルショット2590ドラゴン物理20
クイックターン60100みず物理20

過去世代

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
アクアテール9090みず物理10Lv
いびき50100ノーマル特殊15技マ24
げきりん120100ドラゴン物理10Lv/技レ24
こごえるかぜ5595こおり特殊15技マ27
ダストシュート12080どく物理5技レ73
でんげきは60-でんき特殊20
とびはねる8585ひこう物理5技マ52
みずのはどう60100みず特殊20Lv
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv/技レ62

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技16たきのぼり80100みず物理15
技20みがわり--ノーマル変化10
技22ヘドロばくだん90100どく特殊10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技54どくびし--どく変化20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技73ダストシュート12080どく物理5
技78ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技84ねっとう80100みず特殊15
技90じゃれつく9090フェアリー物理10
技91ベノムトラップ-100どく変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1/ドラゴン
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件クズモー(Lv.48)→ドラミドロ

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
くろいきりレベルヌオー系統
たつまきレベルギャラドス/カイリュー系統/キングドラ系統/ミロカロス/ジジーロン/アップリュー
とけるリレーブルンゲル(不定形)→カラナクシ(不定形/水中1)
ドラゴンテールレベルカイリュー系統/ビブラーバ/フライゴン/ミロカロス/ボーマンダ/クリムガン/ガチゴラス系統/ジャラランガ系統/ジュラルドン