ヌケニン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ヌケニン 節を編集

No.292 タイプ:むし/ゴースト
特性:ふしぎなまもり(「こうかがばつぐん」以外の攻撃技を受けない)
体重:1.2Kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヌケニン19045303040236ふしぎなまもり?

HPは実数値1固定。


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)くさ/どく/じめん/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

特性「ふしぎなまもり?」により、ほのおひこういわゴーストあく以外のダメージのある技を受けない。


むし×ゴースト」の複合タイプと、特性「ふしぎなまもり?」を持つ唯一のポケモン。
HP実数値が1で固定だが、効果抜群以外の攻撃技を無効化する非常に特殊な性質を有する。
あらゆるポケモンを技構成次第で完封でき、他のポケモンでは巻き返しようがないような積み技による展開さえも有効打がなければ流してしまえる。
パーティに入れておくだけで選出を誘導できる、非常に影響力の強いポケモンと評すことができよう。

キョダイラプラスの解禁以降、メインとなる氷・水・電すべてを無効にできオーロラベールの展開を阻止できるため対策として採用される機会が増えている。
抑止力としては確かなものだが役割がラプラスメタのみではピンポイントすぎるのである程度汎用的に使えるようにしておきたい。
ラプラス側もヌケニン対策としてげんしのちからを採用しているケースが見られるので要注意。

第8世代では様々な追い風が吹いている。
どくどく習得者の制限(過去作を除く)に加えめざめるパワーは技自体が廃止。これによりヌケニンに有効打を持たないポケモンから奇襲される恐れは大幅に減少した。
対策方法がほとんどなかったステルスロック、どくびしに対して「あつぞこブーツ」というアイテムを手に入れたことも大きい。
一方でダイマックスしてもヌケニンのHPに関しては変わらず1[1]なので要注意。

ただし以下の理由により、やはり簡単に採用できるポケモンとは言えない。
第8世代ではメガシンカが廃止され、苦手な変化技を跳ね返してくれる相方ヤミラミを失ったことも痛い。
運用に際しては、これらの欠点をいかに補いふしぎなまもり?の魅力を活かせるかが重要となる。

対策要素が非常に多い
5つある弱点のタイプで攻撃されることはもちろん、かたやぶり?持ちの攻撃、状態異常によるスリップダメージ(やけど・どく・こんらん)、天候ダメージ(あられ・すなあらし)、ステルスロックでも即死する。
自身の攻撃技が接触技ばかりなのでゴツゴツメット・さめはだ・てつのトゲでもひとたまりもない。
現環境ではヌケニンを意識せずとも上記いずれかの要素を採用しているパーティが大半であり、何の役割も果たせずあっさり退場となるケースも珍しくない。
おにび搭載のFCロトム、マジカルフレイムやシャドーボール搭載のエスパー・フェアリーというように、見かけない方が珍しいほど。
他、ステルスロック+ふきとばし・すなあらし・炎技など、構築だけで対策要素を含んでしまうカバリザ構築など。
また、HPが1なので威力は低くとも追加効果の優秀なサブウェポンでついでに倒されてしまうケースもある。
S操作技としてじならしやローキックと違い無効タイプが無く、地面・格闘・鋼タイプを中心に搭載率の高いがんせきふうじ、
アイテム掃討の役割としてサブウェポンに入れられているはたきおとすは、ヌケニンの弱点タイプなために厄介。
出落ち対策にはラムのみ・ぼうじんゴーグル・ぼうごパッド・あつぞこブーツといった手段もあるが、いずれもピンポイントで、持たせたいきあいのタスキとの両立もできない。
今作ではダイジェット用の飛行技を搭載しているアタッカーが非常に多いのと、ダイロック・ダイアイスで砂嵐・霰に出来るようになったのも大きな向かい風。
どのポケモンを完封できるのか判別できない
運用上最大の課題と言える。
先述のラプラスのように完封できそうなポケモンがヌケニンへの有効打を忍ばせていたり、思わぬポケモンに先発ステルスロックを撒かれて役割放棄、耐久水のゴツメ・草のやどりぎのタネでお陀仏など、立ち回りが安定しない。
構成の多様化が進む第8世代現在、実際にヌケニンが機能するかどうかは鉢合わせてみるまでわからないことも多い。
HP1という性質上、一手読み違えるだけで即死につながるためリカバリーが利かない。
火力が低い
A90で一致技の火力も90止まりなため火力は控えめ。サブウェポンもお世辞にも充実しているとはいい難い。
有利な相手と対面出来ても流し先に負担を与える手段に欠けるため、相手を処理しきれず味方へのサイクル負担が増え、結果的にジリ貧になることも。
なお、じたばたは威力20で固定であり、いのちのたまを持たせると一回攻撃しただけで自滅するので注意。

剣盾ではマックスレイドバトルに野生の個体が出てくるので、任意のボールに入れることが可能となった。
ただしヌケニンは性別不明なので、遺伝技を覚えさせることはできない。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



基礎データ 節を編集

特性考察 節を編集

ふしぎなまもり
  • こうかばつぐん以外の攻撃技を無効化する。
    • 技自体を受けないので追加効果も発動しない。
  • 無属性攻撃[2]は受ける。
  • 特性無視系の特性・技からの攻撃は受ける。
    • 特性「かたやぶり?」「ターボブレイズ?」「テラボルテージ?」、技「メテオドライブ」「シャドーレイ」「フォトンゲイザー」。
  • 一部の特性を変更する効果に対して例外となり受け付けない。
    • 技「なりきり」「スキルスワップ」、特性「レシーバー」「かがくのちから」。それ以外は全て有効。[3]
  • 攻撃技以外は無効化できない。
    • 変化技全て
    • まきびし、どくびし、ステルスロック
    • 状態異常、天候、反動、道具、特性のダメージ
      • 混乱自傷ダメージは無属性攻撃扱いなのできあいのタスキが発動する。
      • 拘束ダメージは無効化できないが、ほのおのうず・マグマストーム以外はタイプ相性により初撃が無効化されるので受けない。

個体値について 節を編集

ヌケニンの理想個体値
HPが1固定で、ダメージを受けると必ず瀕死となるヌケニンは、基本的にHP・防御・特防の個体値は無関係。
基本的に、ヌケニンの努力値配分はAS252となる。
ただし、細かい部分まで考慮すれば防御・特防にも理論的理想が存在する。
相手のかわりもの・へんしん・ガードスワップ対策の観点では防御と特防の実数値は低ければ低いほどよい。
逆にダブルで自身のヌケニンにへんしんする戦術を行う場合は定石通り高い方がよい。
例外はトリパ投入の最遅型、むしのていこう等の特殊技採用型など。
かつては特性ダウンロードでCを上げさせないために性格「さみしがり」にして、B>Dとなる個体値が理想とされていたが、剣盾にはポリゴン2、ポリゴンZは存在しないため、下降させる能力はB、C、Dのいずれでも大差ない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
シザークロス80(120)100-タイプ一致技。性能安定。ヘドロえきやメタモンを考えるときゅうけつよりこちら。
シャドークロー70(105)100急所ランク+1タイプ一致技。性能安定。
ゴーストダイブ90(135)100溜め攻撃タイプ一致技。威力は高いが隙が大きい。ダイマックスのターン稼ぎに。
かげうち40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
あなをほる80100溜め技数少ないサブウェポン。ダイマックス枯らしに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
むしのていこう50(75)100相手全体C↓100%タイプ一致技。自身よりは味方のサポート用。過去作技マシン限定。
かぜおこし40100-ヌケニンミラー用またはダイジェットとして。
どろかけ20100命中率↓100%繰り出す相手を選べば確実に1回は出せる。
交代される相手のタイプやダイマックスや必中技に注意。
ゆめくい100100ダイサイコで苦手な先制技を牽制できる。
変化技タイプ命中備考
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
どくどく90ダメージ源。毒や鋼には無効。過去作技マシン。
まもる-様子見や、おにび・どくどくのターン稼ぎに。
あやしいひかり100妨害技。ローリスクローリターン。
いばる85妨害技。ハイリスクハイリターン。過去作技マシン。
つめとぎ-攻撃・命中率補強。かげうちやおにびとあわせて。過去作技マシン。
にほんばれ-天候始動・上書きに。あまごいは覚えない。
すなあらし-天候始動・上書きに。後続の無償降臨にも。
うらみ-低PPの大技に。まもるやタスキとあわせて。
トリック100こだわりアイテムとあわせて。メガストーン・Zクリスタル廃止で使いやすくなった。
こうそくいどう-素早さ補強。最速で130族抜き、準速で115族抜き。
つるぎのまい-攻撃補強。バトンタッチと両立できない。第4世代以前のみ習得可
バトンタッチ-ダイマックスやつめとぎ以外の積み技は覚えないので対面操作用。第4世代以前のみ習得可
いとをはく100自身や後続のサポートに。
こらえる-ダイマックス枯らしに。
サイドチェンジ-ダブル専用。耐性を活かして味方を守る。

ダイマックス技考察 節を編集

ヌケニンがダイマックスしてもHPが1のまま。よってダイマックスするメリットは薄い。素直に他ポケモンに譲ったほうがよいだろう。
しかし、ダイマックス技はすべて非接触技なので
"こちらが残りヌケニンのみで、ふしぎなまもり?によって相手を詰ませたが、相手はゴツゴツメットや接触発動特性を持っている。"
といった極めてまれな状況下でのみダイマックスする価値はある。(それでも鬼火や非接触技を撃てば済む話だが...)

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイワームシザークロス130(195)相手:C↓一致技。追加効果は後続サポート程度。
ダイホロウゴーストダイブ130(195)相手:B↓一致技。徐々に相手の防御を削る。
シャドークロー120(180)
かげうち90(135)
ダイウォール変化技-まもるHP1のヌケニンがダイマックス時に守っても意味があるかは微妙なところ。

採用率の低い技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアタックひみつのちから120相手:S↓等倍範囲の広い技。追加効果で抜ける相手はダイジェットの項を参照。
ダイソウゲンソーラービーム140場:GF自身にはフィールドの恩恵はない。逆に相手に利用されないよう注意。
ダイジェットかぜおこし110味方:S↑1抜きで最速だと86族(ロトム)、準速だと74族(カジリガメ)相当。
2抜きで最速だと130族抜き、準速だと115族抜き。
ダイナックルいのちがけ100味方:A↑攻撃上昇が美味しい。しかし、いのちがけは特殊技。
さらに通常時はノーリターンの退場技としてしか利用できない。
ダイスチルメタルクロー110味方:B↑追加効果は自身には意味がない。
ダイアースあなをほる130味方:D↑追加効果は自身には意味がない。
ダイサイコゆめくい130場:PF過去作教え技。特殊技のみ。
自身のかげうちが封じられてしまうが相手のかげうち・ふいうちも封じられる。
ダイアークつじぎり120相手:D↓基本はダイホロウで十分。無に通したいなら。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:さみしがりorいじっぱりorやんちゃ
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/ぼうじんゴーグル/ラムのみ/あつぞこブーツ
優先技:かげうち/おにび/まもる
攻撃技:シャドークロー/シザークロス/どろぼう/シャドーボール
補助技:あやしいひかり/にほんばれorすなあらし/いやなおと/うらみ/トリック

ヌケニンの基本型。有効打の無い水、電気、フェアリーを詰ませられる。
火力は高くない為に状態異常を絡めるのが一般的で、攻撃技はかげうちのみの場合が多い。
ぼうじんゴーグルの場合、まもるの採用率は高い。

こだわりハチマキ型 節を編集

性格:さみしがりorいじっぱりorやんちゃ
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:シャドークロー/かげうち
攻撃技:シザークロス/つじぎり
補助技:おにび/あやしいひかり/トリック

交代先への削りを重視したハチマキ型。サイクルを回しながら苦手な相手を消耗させる。
ステルスロックなどを撒いておくとさらに仕事効率が増す。
種族値・技威力ともに低めなものの、ゴースト技は通りが良く、こだわりハチマキで補えばかなりの火力が出る。
仕事を終えたらこだわりトリックもできる。

【ダブル】基本型 節を編集

性格:さみしがり/ゆうかん
努力値:A252 SorC252
持ち物:きあいのタスキ/ぼうじんゴーグル/ラムのみ/あつぞこブーツ
攻撃技:かげうち/ゴーストダイブ/シャドークロー/シザークロス/どろぼう/あなをほる/むしのていこう/どろかけ
補助技:まもるorこらえる/サイドチェンジ/おにび/あやしいひかり/にほんばれorすなあらし/いやなおと/トリック

有利不利がはっきりしているので、明確な役割を決めて運用しないと出オチになりかねない。
リザードンバンギラストゲキッス辺りはどうやっても無理。
不一致でも採用率の高いダイジェットも厳しく、ドラパルトを筆頭としたゴーストが多いのも辛い。

反面、強い相手にはとことん強いので、ヌケニン一体で詰ませる事も不可能ではない。
ダブルに多いフェアリーに強い点は大きいが、ブリムオン等はサブでマジカルフレイムを持っている事があるので注意。

がんじょう+特性操作でヌケニンの特性ががんじょうになれば、弱点攻撃に対して無敵になる。
ただし剣盾でがんじょう+スキルスワップが可能なのはメレシーのみで、がんじょう+なかまづくりが可能なポケモンはいない。
またやけど等の状態異常、さめはだ等の特性によるダメージ、ほろびのうたや天候ダメージは無効化できないので依然として穴は多い。


対ヌケニン 節を編集

注意すべき点
特性ふしぎなまもりを持ち、選出縛り能力が高い。
対策手段を持たないポケモンは流され、後続におにびや攻撃技を入れられてしまう。
うらみやおんねん、こだわりトリックで技を制限されることも。
対策方法
HPは1で固定なので、弱点さえ突ければ一撃で倒せる。
他にも状態異常や天候ダメージ、ゴツゴツメット等にも弱い。
かたやぶりやステルスロックは対策されにくいため特に有効。
こだわりトリックもダイマックスで解除できるが、1バトルに1回のみなので慎重に使いたい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th
5th
XYOASM威力命中タイプ分類PP備考
ツチニンヌケニンツチニンヌケニンツチニンヌケニンツチニンヌケニンツチニンヌケニン
1111111111ひっかく40100ノーマル物理35
1111111111かたくなる--ノーマル変化30
---------1すいとる20100くさ特殊25
---------1すなかけ-100じめん変化15
55555555--きゅうけつ80100むし物理10
--------55すいとる20100くさ特殊25
9999999999すなかけ-100じめん変化15
14141414141413131313みだれひっかき1880ノーマル物理15
31-31-31-17-17-どろかけ20100じめん特殊10
-25-25-25-17-17うらみ-100ゴースト変化10
38-38-38-21-21-メタルクロー5095はがね物理35
---38-38-21-21かげうち40100ゴースト物理30
19191919191925252525こころのめ--ノーマル変化5
------29-29-がまん--ノーマル物理10
-31-31-31-29-29あやしいひかり-100ゴースト変化10
25-25-25-33-33-みねうち40100ノーマル物理40
-38-59-59-33-33シャドーボール80100ゴースト特殊15
45-45-45-37-37-あなをほる80100じめん物理10
-45-45-43-37-37おんねん--ゴースト変化5
---52-50-41-41かいふくふうじ-100エスパー変化15
-----47-45-45ゴーストダイブ90100ゴースト物理10

テッカニンのみ覚える技

テッカニン
3rd
テッカニン
4th
威力命中タイプ分類PP備考
2020いやなおと-85ノーマル変化40
2525つるぎのまい--ノーマル変化20
3131きりさく70100ノーマル物理20
4545バトンタッチ--ノーマル変化40

※上記の技はテッカニン時にレベルアップで覚えるが、ツチニン・ヌケニン時には覚えない。
これらの技をヌケニンに覚えさせたい場合は、テッカニンに進化した時覚える技をヌケニンに引き継ぐことができる第4世代以前での厳選が必要。

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10ツチニン:Lv
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化15教え
第3世代~第4世代
技19ギガドレイン75100くさ特殊10教え
技58こらえる--ノーマル変化10タマゴ
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
かぜおこし40100ひこう特殊35
つじぎり70100あく物理15
むしくい60100むし物理20教え
いのちがけ-100かくとう特殊5
じたばた-100ノーマル物理15
こらえる--ノーマル変化10技レ26
だましうち60-あく物理20×
ぎんいろのかぜ60100むし特殊5×
むしのさざめき90100むし特殊10技レ61

教え技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
トリック-100エスパー変化10
うらみ-100ゴースト変化10
HSむしくい60100むし物理20タマゴ
ギガドレイン75100くさ特殊10
サイドチェンジ--エスパー変化15
テレキネシス--エスパー変化155th:技19
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
ゆめくい100100エスパー特殊15技85
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Emどろかけ20100じめん特殊10
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emれんぞくぎり4095むし物理20
Emねごと--ノーマル変化10技88
XDあくむ-100ゴースト変化15
ふいうち70100あく物理5
HSいとをはく-95むし変化40

遺伝 節を編集

タマゴグループ性別不明(鉱物)
タマゴグループ
(ツチニン時)
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別ふめい
進化条件ツチニンが進化する際、手持ちに空きがあり、モンスターボールを持っている。
分岐進化テッカニン
経験値Lv.50 = 125,000
Lv.100 = 600,000

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いのちがけレベルアギルダー系統
かぜおこしレベルバタフリー/ミツハニー♂
じたばたレベルイワパレス系統/シュバルゴ系統
つじぎりレベルドラピオン系統
むしくいレベルキャタピー/バタフリー/ツボツボ/テッカニン/ミツハニー♂/ドラピオン系統/イワパレス系統/
デンチュラ系統/アイアント/クワガノン系統/オニシズクモ系統/グソクムシャ/マルヤクデ系統

つるぎのまい・バトンタッチについて

第5世代以降ヌケニンの技はツチニン時の技をそのまま習得するが、第3~4世代ではテッカニン時の技[4]を習得する。
よって第3~4世代で進化後つるぎのまい・バトンタッチを覚えるレベルに調整することでこれらの技を習得したヌケニンができる。
ツチニンがレベル技でも技マシンでも習得できないので以下の技は両立できない。
Lv20:いやなおと
Lv25:つるぎのまい
Lv31:きりさく
Lv45:バトンタッチ
なお、第3世代ではヌケニンのボールはツチニンのボールと同じになる。
第4世代は基本的にモンスターボールになるが、HGSSの虫取り大会で捕獲したツチニンをDPtに送り進化させるとコンペボールに入ったヌケニンができる。
これらの技の所持を知られるのは痛手なので、コンペボールは非推奨。
第8世代で様々なオシャレボールが可能となったが、ガンテツボールやウルトラボールに入れるとバトンタッチの不所持が露呈する。
よって、カジュアルバトルでは各種ショップボールやマスターボールが推奨される。
なお、ランクマッチではこれらの技がそもそも使用不可のため、入れるボールは特に気にしなくとも良い。


[1] マックスレイドバトルの野生出現時のみ最大HP3。バリアを張りなおすタイミングを設けるためではないかと推測されている。
[2] わるあがき、混乱自傷ダメージ
[3] トレース?ミイラ?、なやみのタネ、シンプルビーム、なかまづくり、いえきは有効。
例えば、ものまねウソッキーがなかまづくりでヌケニンをがんじょうにすると、常にHP満タンのため弱点攻撃でも耐えられるようになる。

[4] 厳密には進化後フィールド画面に切り替わるまでに習得している全技構成