ヌメルゴン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ヌメルゴン 節を編集

No.706 タイプ:ドラゴン
通常特性:そうしょく(受けた草タイプの技を無効にし、攻撃が1段階上がる)
     うるおいボディ(雨の時に、ターン終了時に状態異常を回復する)
隠れ特性:ぬめぬめ(直接攻撃をしてきた敵の素早さを1段階下げる)
体重  :150.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
特殊竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヌメルゴン901007011015080600そうしょく?/うるおいボディ?/ぬめぬめ?
ドラパルト881207510075142600クリアボディ?/すりぬけ?/のろわれボディ?
ジュラルドン70951151205085535ライトメタル?/ヘヴィメタル?/すじがねいり?

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/くさ/でんき
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性そうしょく?の場合、くさ無効


第六世代の600族。ドラゴン単タイプにより弱点が少ないため役割破壊されづらい。
特殊耐久の高さは折り紙付きで、ある程度の数値受けも可能。特性も受けで活きるものが多く、一見耐久向けのステータス。
反面、物理耐久は低く全体的な耐性の数も乏しい。攻撃・特攻もそれなりだが決定力を上げる積み技を持たないため数値以上の火力は出ない。
全体的に中途半端であり、エース運用されることの多いドラゴン枠の中では採用理由が見出しづらいことが一番のネックと言える。

しかし600族ドラゴンというだけはあり、技レパートリーの広さと特殊耐久の高さを活かせば十分に活躍できるスペックがある。
役割対象を明確にして耐久調整や技選択を行い、耐性を活かしてサイクル戦に組み込むのがよいだろう。

第七世代では同じく特性そうしょく?を持つドラゴンのジジーロンが登場。
火力ではあちらに分があるものの、技レパートリーや種族値ではこちらが大きく上回っている。
また、向こうの主戦場はダブルであるため、シングル向きのヌメルゴンとの差別化は不要といえる。
それ以上に問題なのがフェアリーの増加で、以前にも増して一致ドラゴン技が撃ちづらくなったこと。
新規フェアリーに対して軒並み不利というわけではないが、技が撃ちづらいことには変わりないため苦戦を強いられる。

第八世代では攻撃と崩しを兼ねたアシッドボム、高威力水技のハイドロポンプに加えて、霰パや砂パでの採用枠に入れるウェザーボールを習得し攻撃性能にさらなる磨きをかけた。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

そうしょく
元々草半減だが、「キノコのほうし」「ねむりごな」「やどりぎのタネ」「ちからをすいとる」などを無効にする点が優秀で優先度は高め。
物理技も多く覚えるため、上がった攻撃も無駄になりにくい。ただし、一致技はげきりん、ドラゴンテール、ワイドブレイカーと癖のあるものしかない。
特にダブルにおいてはこの特性と技の豊富さや特殊耐久が噛み合い、役割遂行範囲が広がる。
特に理由がないなら基本的にはこの特性が優先される。
うるおいボディ
状態異常全般に強くなれるが、ラムのみと違ってげきりんの混乱は治せない。
草技よりも状態異常技を受けやすいパーティ編成であれば採用候補になるか。
第八世代では敵味方のダイストリームによって受動的に発動する機会が増え、自らもダイストリームを使って能動的に発動できるようになった。
あまごいとねむるを組み合わせた耐久型など、能動的に発動させる型であれば当然こちらが優先される。
ぬめぬめ
隠れ特性。直接攻撃をしてきた相手の素早さを1段階下げる。Aダグトリオと同様の特性。
効果自体は優秀で、自身の素早さを補えるが、ヌメルゴンは防御が低いので物理受けの性能は厳しい。
基本的に物理アタッカーとは撃ち合わないため活かしづらく、後述のクッション型のような使い方が主になる。
ダブルではねこだましが飛び交うので、シングルよりは発動機会が多い。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ・両刀向き。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定。
だいもんじ11085火傷10%対鋼。そうしょく?での草への遂行技。
かえんほうしゃ90100火傷10%だいもんじと選択。命中重視。
ヘドロウェーブ95100毒10%対フェアリー。そうしょくでの草への遂行技。ダブルでは周囲全体攻撃。
ヘドロばくだん90100毒30%ヘドロウェーブと選択。ダブルでの単体攻撃に。
10まんボルト90100麻痺10%水・飛行に抜群で鋼・フェアリーにも等倍。
かみなり11070麻痺30%10まんボルトと選択。雨とあわせて。
きあいだま12070特防↓10%対鋼。高威力・命中難。バンギラスに。
れいとうビーム90100凍り10%そうしょくでの草への遂行技。ドラゴンに対しては4倍狙い。
ハイドロポンプ11080-高火力。命中不安。
なみのり90100-命中安定。ダブルでは全体攻撃。
だくりゅう9085命中↓30%炎・岩・地面に抜群で鋼・フェアリーにも等倍。ダブルでは相手全体攻撃。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。混乱はうるおいボディ?で治らない。
じしん100100-対鋼。ダブルでは周囲全体攻撃。
いわなだれ7590怯み30%怯みは狙いにくい。ダブルでは相手全体攻撃。
パワーウィップ12085-水・岩・地面に抜群。高威力・命中難。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対鋼。高威力・命中安定。能力低下が痛い。
アイアンテール10075防御↓30%対フェアリー。高威力・命中難。
ドラゴンテール60(90)90優先度-6
相手交代
タイプ一致技。起点化回避に。
フェイント30100優先度+2きあいのタスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。きあいのタスキとあわせて。
変化技タイプ命中解説
いのちのしずく-最大HPの25%回復。唯一の高速回復技。
のろい-攻撃・防御を補強。素早さ低下が痛い。
とける-防御を強化。物理アタッカーへの交代読みで。
ねむる-回復技。カゴのみやうるおいボディとあわせて。
こらえる-ゴツゴツメットやぬめぬめ?とあわせて。
あまごい-かみなりや水技の強化、うるおいボディの発動に。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンりゅうせいぐん
げきりん
140(210)相手:A↓一致技。先制で使えば疑似物理耐久アップ。
りゅうのはどう130(195)
ダイバーンだいもんじ140天候:晴はがね。草食でのくさへの遂行技としても。
相手の雨パの妨害に利用することもできるが、うるおいボディ?との相性は悪い。
かえんほうしゃ
ほのおのパンチ
ウェザーボール
130
ダイナックルきあいだま
ばかぢから
95味方:A↑はがね。威力は元より低くなる。
きあいだまの命中不安やばかぢからの反動を嫌う場合に。
物理型では火力補強としても利用できる。
ダイアースじしん
じだんだ
130味方:D↑はがね。追加効果で特殊方面を完璧に。
じならし110
マッドショット100
ダイアシッドヘドロウェーブ
ヘドロばくだん
90味方:C↑フェアリー。特攻上昇手段としても。威力は低め。
アシッドボム70
ダイスチルアイアンテール130味方:B↑フェアリー。追加効果が優秀。物理型ならこちら。
ダイストリームハイドロポンプ140天候:雨等倍範囲の広い技。うるおいボディ?やかみなりとあわせて。
なみのり
だくりゅう
アクアテール
ウェザーボール
130
ダイサンダーかみなり140場:EFみずひこう。ミストフィールドの解消や催眠対策にも。
10万ボルト
かみなりパンチ
130
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

採用率の低い技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアタックのしかかり130相手:S↓S調整すればたくさんの相手を抜けるが技スペースが厳しい。
ダイソウゲンパワーウィップ140場:GFみずじめんに。高い特防と相性が良いが、地震とは相性が悪い。
ダイアイスふぶき140天候:霰くさへの遂行技として、また4倍弱点狙いで。うるおいボディとは相性が悪い。
れいとうビーム
ウェザーボール
130
ダイロックいわなだれ
ウェザーボール
130天候:砂嵐4倍弱点狙いで。うるおいボディとは相性が悪い。
ダイアークぶんまわす
ダメおし
130相手:D↓ゴーストを強く意識する場合に。敵の特殊防御低下。
ダイワームまとわりつく90相手:C↓過去作限定技。

型考察 節を編集

特殊流し型 節を編集

特性:そうしょく/ぬめぬめ
性格:ひかえめ/おだやか
努力値:HD調整 余りC
持ち物:とつげきチョッキ/カゴのみ/たべのこし
攻撃技:りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/れいとうビーム/10まんボルト/フェイント
変化技:ねむる

主に特殊炎、水、草、電に対処できる特殊流し。
特殊耐久はとつげきチョッキで充分に補えるため、D特化にするよりは仮想敵に合わせ火力に努力値を割き、役割遂行できるようにしたい。
なお、C252振りD4振りでもC162<D171となるためおだやかの選択肢はあり。

耐久力がひかえめHCとつげきチョッキ>耐久特化ねむカゴとなる。
うるおいボディ+ねむるも使いにくいため、ねむるに1枠割くよりはフルアタ+チョッキにして努力値もCに振る方が倒せる相手が多くなる。
↑アタッカー型でもないのにC振りは無駄が多い。りゅうせいぐんは居座りに向かないし、
かといってりゅうのはどうだと火力不足でCに振ったところで確定数が変わる場面も少ない。
↑流し先に負担をかけるのが目的だからC振りで良いと思う。そもそも苦手なフェアリーや高火力物理が蔓延するのが現環境なので居座りは前提じゃない。

火力目安(C特化)
だいもんじでH振りギルガルド(シールド)を確2。

なお、DにぶっぱするとH実数値<D実数値となるため特殊耐久のみを考慮する場合でもHにある程度振った方が耐久値が高くなる。
チョッキ前提でC252の場合、D無補正ならH148D108、D上昇補正ならH180D76振りが最も特殊耐久が高くなる。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:そうしょく/ぬめぬめ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:HC252 or S調整
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび/こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう(両立可)
優先技:ヘドロウェーブorヘドロばくだん/だいもんじorかえんほうしゃ
攻撃技:きあいだま/れいとうビーム/10まんボルト/ハイドロポンプorなみのり/フェイント/アシッドボム

広い技範囲と耐性を活かせる高い特殊耐久が魅力。
C110で火力もまずまずだが、現環境では一致技の一貫性が低いことが最大のネック。
交代読みの各種サブウェポンで上手く立ち回っていく必要がある。

ドラゴン技読みで後出しされるフェアリーには毒技が刺さるため優先度は高い。
同様にドラゴン技・毒技読みで出て来る鋼対策としての炎技も有用。
一撃で倒せるわけでもないため素直に後続に任せたほうがよい。

物理アタッカー型 節を編集

特性:そうしょく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HA252 or S調整
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/こだわりスカーフ
確定技:げきりんorワイドブレイカー/ほのおのパンチ
攻撃技:アイアンテール/じしんorじならしorじだんだ/アクアテール/パワーウィップ/いわなだれ/ばかぢから/かみなりパンチ/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/れいとうビーム
変化技:みがわり

草技を読んでそうしょくを積極的に活かしていく型。一致物理技がげきりんかドラゴンテールの2択なのが難点。草及び鋼への遂行技となる炎技はほぼ確定。
アイアンテールは対フェアリーだが命中不安。ポイズンテールは抜群でも等倍じしんと同威力。

雨メタ兼アタッカー型 節を編集

特性:そうしょく/うるおいボディ/ぬめぬめ
性格:ひかえめ
努力値:HC252
持ち物:とつげきチョッキ/ハバンのみ/いのちのたま
確定技:りゅうのはどうorりゅうせいぐん/かえんほうしゃorだいもんじ/かみなり
選択技:ハイドロポンプorなみのり/ねむる

ペリッパーカジリガメカマスジョールンパッパナットレイなどの雨パの水タイプとその取り巻きに軒並み強い雨パメタ。
ダイマックスで雨になりやすいこともあり需要はある。

特性はどれも候補。
ぬめぬめであればすいすいアタッカーの素早さを下げて退場することで対策が見込め、
うるおいボディなら相手の雨を利用しねむるで全回復、そうしょくなら雨パ取り巻きのナットレイに有利となる。
高耐久うるおいボディ枠にはラプラスもいるが、特殊耐久や特攻数値、対電気・草ならヌメルゴン、総合耐久や雨利用、対水・対氷・対ドラゴンならラプラスとそれぞれに差別化要素がある。


対ヌメルゴン 節を編集

注意すべき点
特防が非常に高く4倍弱点が無いため、特殊アタッカーでの突破は困難。
草タイプはそうしょく?により粉技ややどりぎのタネも通らず完封されやすい。
攻撃・特攻ともに並以上で技も豊富。鋼やフェアリーへの有効打もある。
対策方法
物理技が有効。つららばりやつららおとし、ダイマックスワザなら非接触なのでぬめぬめも発動しないが、時々持っていることがあるカウンターには注意。
技範囲は広いが、ドラゴン技以外は不一致なので火力は低く積み技も無い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

6thSM威力命中タイプ分類PP備考
ヌメラヌメイルヌメルゴンヌメラヌメイルヌメルゴン
-----1アクアテール9090みず物理10
--1--1げきりん120100ドラゴン物理10
--1--1フェイント30100ノーマル物理10
111111たいあたり40100ノーマル物理35
111111あわ40100みず特殊30
----11すいとる20100くさ特殊25
-----1まもる--ノーマル変化10
555555すいとる20100くさ特殊25
999999まもる--ノーマル変化10
131313131313がまん--ノーマル物理10
181818181818りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
252525252525あまごい--みず変化5
282828282828じたばた-100ノーマル物理15
323232323232のしかかり85100ノーマル物理15
383838383838だくりゅう9085みず特殊10
424747424747りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
--55--50パワーウィップ12085くさ物理10
--50--アクアテール9090みず物理10
--63--55げきりん120100ドラゴン物理10

※進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技59ぶんまわす60100あく物理20
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
いのちのしずく--みず変化10
とける--どく変化20×
のろい--ゴースト変化10Lv
こらえる--ノーマル変化10技レ26
アイアンテール10075はがね物理156th~7th:教え
ポイズンテール50100どく物理25Lv

教え技 節を編集

6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
アイアンテール10075はがね物理15技レ31/6th~7th:タマゴ
アクアテール9090みず物理10Lv
いびき50100ノーマル特殊15
かみなりパンチ75100でんき物理15
きあいパンチ150100かくとう物理20
げきりん120100ドラゴン物理15技レ24/6th~7th:Lv
でんげきは60-でんき特殊20
ばかぢから120100かくとう物理5
ほのおのパンチ75100ほのお物理15
みずのはどう60100みず特殊20
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
じだんだ75100じめん物理10
とぎすます--ノーマル変化30

遺伝 節を編集

タマゴグループドラゴン
孵化歩数10240歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で5120歩)
性別♂:♀=1:1
進化ヌメラ(Lv.40)→ヌメイル(雨の降っている場所でLv.50)→ヌメルゴン
備考あまごいやあめふらし?はじまりのうみ?による雨では進化しない
ヌメルゴンへの主な進化場所
世代バージョン場所
第6世代XY19番道路 他
ORAS119番道路
120番道路 他
第7世代SM~USUMシェードジャングル
マリエ庭園
17番道路
第8世代SWSHワイルドエリア

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いのちのしずくレベルミロカロス
カウンターリレールカリオ/バンバドロ系統/エースバーン系統/ヨクバリス系統/タチフサグマ系統(陸上)→ズルッグ(陸上/ドラゴン)